2020年04月24日

ワルキューレの騎行

私がリングで唯一好きなワルキューレの騎行 のYoutube動画がありました。カラヤンは毀誉褒貶のある人ですが、オペラ指揮者としての評価は高いのに納得いたしました。

ワーグナー「ワルキューレの騎行」カラヤン指揮/バイロイト祝祭管(1951)

https://www.youtube.com/watch?v=K9YWvOidt24
posted by 山科玲児 at 19:32| Comment(0) | 日記

皆川達夫とワーグナー



皆川達夫さんの著作::
西洋音楽ふるさと行脚,  皆川達夫 著 、音楽之友社 、1982年

で、

バロック音楽の研究者には意外にワーグナー・ファンが多いということが書いてあった。皆川さんもまたワーグナー好きなんだそうだ。
一方、ブラームスはこのまれていないという。ちなみに当方もやはり、ワーグナーについては部分的に好き、というところで、ブラームスについては縁なき衆生である。ワーグナーのいくつかのオペラ 「さまよえるオランダ人」「パルチヴァル」は好きだが、リングはどうも好きになれない。リングで好きなのは「ワルキューレの騎行」のあの曲だけである。

 かかし朝浩 のマンガ ムジカに描かれた若きワーグナーの性格、は意外と真実の尻尾をとらえているようにみえる。
posted by 山科玲児 at 18:13| Comment(0) | 日記