2020年05月26日

台北 故宮の 楊守敬 蔵書

観海堂 故宮.JPG

台北でみた、大きな見開きの胡蝶装 南華真経については、思い出すと気になって、

台北 故宮に入っている楊守敬 蔵書の調査記録が確かあったと、探してみた。

 中華民国國立故宮博物院蔵楊氏観海堂善本改題、昭和47年12月、斯道文庫論集

なんと、これ調査し書いた阿部隆一氏は

書物學 第16号は「特殊文庫をひらく」で
https://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&cPath=18_55&products_id=101018

  高橋智教授がお話されてることでわかったんですが、慶応での高橋智氏の師匠 阿部隆一教授でした。

  ただ、これを読んで荘子部分を細かく調べてみても、やはり該当する本はない。てっきり金沢文庫本を楊守敬が1冊ぐらい入手して、湖北省武昌にもっていったものではないか? と邪推していたんだが、そうではなかった。

台北故宮の楊守敬旧蔵本については、2014年に特別展があったようです。
鄰蘇観海堂院蔵楊守敬蒐集図書特別展_展示概要
展覧期間:2014/06/07~2014/12/14
http://theme.npm.edu.tw/exh103/yangshoujing/ja/ch00.html

しかし、楊守敬の本拠地が、今やウイルスで世界に名がとどろいた武漢だったとはね。

>武昌菊湾の「観海堂書楼」
が書庫だったようです。

武漢は、武昌、漢陽、漢口の三鎮の合体した都市である。
 なお、辛亥革命のはじめは、ここ武昌、からだ。そして、そのときの争乱で楊守敬の蔵書は危なかったのだが、日本人軍事顧問:寺西秀武の進言で、保護されたという。
  
 
posted by 山科玲児 at 05:04| Comment(0) | 日記

2020年05月25日

近藤重蔵の二つの顔



金沢文庫考
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1870438
金沢文庫考を書いた近藤重蔵(1771ー1829)ですが、

みなもと太郎の風雲児たち第12巻 あたりにでてくる、かなりデキるがキレやすい野心家と同姓同名ですが、どうも別人じゃないかな?、、と思っていたら、実は同一人物でした。

この近藤重蔵、北方調査をやり、エトロフ島まで行った探検家で、その業績で名を残しているんです。
風雲児たち にもそっちの活動が主に描いてありました。。

一方書誌学者・愛書家・本の目利きという面があったようです。江戸に戻って書物奉行を11年もやっていて江戸城の紅葉山文庫の整理拡充に尽力しています。この両面がどうもつながりにくい。で蔵書家愛書家という面が、内藤湖南の講演やら市島春城の随筆やらに書いてあって、これがまたかなり型破り。なんと狩谷エキ斎から借りた本を本屋に売ってしまった、という奇行があったようです。その一方、自宅の蔵書を太田蜀山人などに解放したりして、書物好きの人が出入りしたそうですね。
posted by 山科玲児 at 10:52| Comment(0) | 日記

【英語版】エーデルヘーレ祭壇画の外翼グリザイユ

edelS.jpg

補訂英語版 Grisailles of Edelheere Triptychをアップしました
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/eedelhe/Eedele.html

これは、

エーデルヘーレ祭壇画の外翼グリザイユについて
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/eedelhe/Eedel.html

を圧縮英訳し、Powell論文知見を加えただけのものです。
Powell論文がグリザイユにほとんど言及していないからなあ。。

イメージは、なかなか観れない グリザイユの図版です。。
posted by 山科玲児 at 05:17| Comment(0) | 日記

2020年05月24日

コメント再開

少し細工をして、、コメント再開
posted by 山科玲児 at 08:21| 日記

学術選書のロゴマーク  続

 京都大学学術出版界symbol.jpg
この京都大学学術出版会:  学術選書
京都大学学術出版会:シリーズ: 学術選書

のロゴマーク  ですが、やっぱり気になって、ようやく再開された図書館にある
書体字典をかたっぱしからみてみたんですが、やはり古い例は、ありませんでした。

行草書か、簡体字、当用漢字から作った創作品のようですね。


posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 日記

四部叢刊の荘子

四部叢刊書録P1070175.JPG


南華真経こと荘子ですが、四部叢刊で採用したのは、明の世徳堂本で、宋版・宋本をつかって校正、異動を研究した校勘記をつけたものだそうです。

REF.イメージの四部叢刊様本の解説に基づく。。
posted by 山科玲児 at 06:51| Comment(0) | 日記

2020年05月23日

宋本 南華真経注疏 

南華真経  静嘉.jpg


金沢文庫というと、宋本 南華真経注疏(静嘉堂  所蔵)を思い出すんですが、
この本のページが書物学16の金沢文庫のとこにあって、おかしいなあ、、と思ってたら、金沢文庫に3葉ほど残っていたそうです。
もともと、静嘉堂のものも、1巻+7巻〜10巻という残巻ですからね。

実は、これと似たものを台北 國立故宮博物院 の宋本展示のときみて、保存良いものがあるものだ、と感心したことがありますが、今、國立故宮博物院 のサイトを検索しても出てこない、見開きの胡蝶装で、宋本の姿を留めたものだったのにな。。いったいあれなんだったんだろう。。


また、どうも普通に使っている荘子テキストは、たとえ宋本でも、この金沢文庫のものではなく、別の刊行本みたいです。台北  芸文印書館の2種類の刊本合冊影印は有名ですが、これではない。また、一般的なのは、明の世徳堂本でこれは完本がある。

posted by 山科玲児 at 07:10| Comment(0) | 日記

国際郵便が送れない

昨日、郵便局にいって愕然としたのは、ベルギーの知人への手紙が送れないということだった。
武漢コロナのため、航空便が停止していてダメなんだそうだ。


posted by 山科玲児 at 05:23| Comment(0) | 日記

ジャック・マーの検査キット


タンザニアの大統領(大学では化学専攻だった理系)が

タンザニアの大統領が輸入されたCOVIT−19(新型コロナウイルス)検査キットの信頼性を疑って、治安部隊にテストさせた。ヤギ・羊・果物(PAW PAW)からとったサンプルを検体として、人間の検体と偽って検査させた。
すると、ヤギと果物(PAW PAW)で陽性が出た。
という件について、WHOのほうから反論したようなロイター記事があり、その中で

>ジャック・マー財団が寄付した検査キット

という事実がわかった。


やっぱり、ジャック・マーの医療品ってのは食わせ物だったんだ。

そういや、こういうのもあったよな。。。その後、ニューヨークがどうなったか。。(新規患者216人(3/16)→8152人(4月1日))

森まさこ法務大臣が「友人のジャック・マーが、日本に手を差し伸べてくれました。素敵なメッセージと共に100万枚のマスクを送ると表明してくれました。」と舞い上がっていたのは、なんという軽薄なことか。安倍首相はさっさと、森まさこ法務大臣の辞表を受理すべきである。


posted by 山科玲児 at 04:41| Comment(0) | 日記

2020年05月22日

コメント一時停止

異常なアクセスがありましたので、コメント一時停止します。
posted by 山科玲児 at 19:58| 日記