2020年05月17日

図説マヤ文明  続

図説マヤ文明.jpg




  アメリカ大陸へ人類が渡った時期について、近年、みなおしが行われているのは側聞していたが、かなり多くのデータを出して紹介してあった。 なるほど、これじゃ新説のほうが正しいどころか3万年前ぐらいは確実っぽいね。

 前から気になっていたことは新大陸メソアメリカでの土器の制作が旧大陸の約1万年以上前と比べてBC2000年ごろと著しく遅れることだ。この件については、あまり新説はないようだ。


 モンテ・アルバンのダンサンテ(踊る人)の石刻について「人身御供にされる拷問される捕虜」という解釈とは違う説が紹介されていた。
  しかし、ほんとかなあ?


 古代メソアメリカ第一の大都市テオティワカンには謎が多い。例えば人身供犠の死体の墓というより埋葬拠点はあるが、王墓らしいものはない。ひょっとしたら、古代エジプトのように墓地区域は都市から別の離れたところにあるのかもしれない。古代エジプトでは、おおまかにいって、ナイルの西に、大きな墓地、葬祭殿が建設されていて、都市とは離れている。南米ペルーのパラカス・ネクロポリスのような集団墓地は住居とはちょっと違うように思う。 マヤ地域のようにお墓を家の下に作るという習慣とは違うのかもしれない。 また、テオティワカンを中心とした交易 物品が 贅沢品中心で量が多くなかったような記述があるが、それは違うと思う。 考古学発掘では残りにくいカカオ、食料、織物、毛皮、塩、多量の鳥の羽、など有機物を中心とする物資の移動があったのでは。。古代ローマでも、食料のエジプトからの船による輸入という問題があったように、あれだけの大都市の場合、周辺地域だけで食料自給できたのか 疑問である。。


posted by 山科玲児 at 10:55| Comment(0) | 日記

SPYxFAMILY 300万部

spy family ss.jpg 

ネット配信雑誌:少年ジャンプDC 連載
SPYxFAMILY
のコミックス第四がでました。
電子書籍で買っていたんですが、今回は本屋で買うことにしました。
オマケ・付録の絵はがきセットがついているからです。

この絵はがきセット、封筒がとても良いので、未だに開けておりません。
ローマ字でメッセージがついてます。

英語もあって、CONFIDENTIALは「親展」です。

posted by 山科玲児 at 10:10| Comment(0) | 日記

マカオの証拠

 なんか、今、武漢コロナウイルスの発生日、中華人民共和国政府がどの時点でどれだけ知っていたのか?というような点で、色々議論されているようだが、当方が、最初に「危険!!」だと思ったのは、1月3日のマカオでの警報だった。

2020年01月03日 武漢で疫病発生
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186990188.html
マカオの新聞
マカオ当局、空港に続きカジノ施設でも防疫対策強化…中国・武漢市で原因不明の肺炎患者連続発生受け
https://www.macaushimbun.com/news?id=30047

 マカオは、別に情報機関もってるわけでもなく、香港と違って中共にとって忠実な優等生だし、この警報は、中国共産党政府あるいは共産党の一部派閥から出た、極めて重大な指令が形となってでてきたものである。それ以外にマカオ政庁は情報をもってるわけもない。

 それが、1月3日、しかも公式のマカオ政庁からの発表として、出ているということは、確固たる事実だ。
どうせ、こういう情報も消されると思うので、文字データだけは、ここに転記しておく。

************記******************
マカオ当局、空港に続きカジノ施設でも防疫対策強化…中国・武漢市で原因不明の肺炎患者連続発生受け

カジノ2020/01/03 09:50

 マカオ政府衛生局(SSM)は1月2日、近日、中国湖北省武漢市の海鮮市場関係者 を中心に原因不明のウイルス性肺炎の発症が相次いでいることを受け、ギャンブル行政を管轄する博彩監察協調局(DICJ)の協力を得て、カジノ運営企業代 表者らを対象とした防疫対策関連会議を招集したと発表。

     マカオでは、まもなく春節(旧正月)シーズンを迎え、例年通り、特に中国本土からのインバウンド旅客が多数を占めると予想されている。SSMで は、伝染病の地域コミュニティへの蔓延を防止するため、多くの人が集まるカジノ施設を含む各方面からの協力が不可欠であるとし、カジノ運営企業に対して呼 吸器系感染症に関する各種防疫対策の導入について要請を行った。

     具体的には、従業員に対する疾病予防に関する最新情報を共有する、従業員の健康状態に留意する、カジノ入口ゲートに発熱観測装置を設置して従業員 及び客をモニタリングすることなどを挙げた。もし、発熱及び呼吸器系の症状を有する者を発見した場合には、マスクを着用し、すぐに医療機関を受診するこ と、施設内にいる人との密接な接触を避けるよう勧告すると同時に、聞き取り調査で症状が現れてから14日以内の武漢滞在歴が確認された場合には、消防局を 通じて救急車を手配し、指定医療機関へ移送するよう求めた。

     会議に出席したDICJの陳達夫(パウロ・マルチンス・チャン)局長は、旅客及びカジノ従業員の安全が常に第一であるとの考えを示し、カジノ運営企業代表者に対してSSMの要請へ積極的に対応し、実施に移すよう呼びかけた。

     このほか、SSMでは1月1日からマカオ国際空港において、武漢から到着した航空機内に衛生局の職員が乗り込み、搭乗者全員に対する体温検査の実施を導入済み。現在、マカオと武漢の間には1日2往復の直行便が就航している。
posted by 山科玲児 at 09:09| Comment(0) | 日記

2020年05月16日

東方 でインドの話



今月の東方書店の広報誌『東方』 2020年5月 471号  ですが、

フーナ族のインド侵入とスカンダ・グプタ皇帝〈前〉  小谷仲男(富山大学名誉教授)

という、「東方」にしては異色の記事があった。これは、前もフーナ族とグプタ朝についての記事を書かれた方の記事だとおもう。
 雑誌・新聞問わず、こういう分野の記事は少ないので、このように一般的に流布される雑誌にのることは、まことによろこばしい。当方のインド歴史の知識は、1970年代から、ほとんど進歩していないのだから。『インド史』(ロミラ=ターパル/みすず書房、1970ぐらいしか読んでない。

まだ、アンコール王朝の知識のほうが大きいぐらいである。

  ラーマギリという旧地名がでてきたので、数学者ラマヌジャンと関係あるのかなあ、と思ったけれど場所が全く違うので関係はないようだ。
posted by 山科玲児 at 08:47| Comment(0) | 日記

食べられるパン籠

EpiCiel パン籠 (1).JPGEpiCiel パン籠 (2).JPG


籠もパンでできていて食べられるというパン籠セットが売ってましたんで、
ついひきよせられて、買ってしまいました。
こういう遊び心には弱いんだよな。。
単に袋に入っているパンセットなら絶対買わなかっただろうにね。トラップにかかってしまった。

長崎市茂里町  ココウオークに入っているEpi Ciel 実際はフジパンのチェーン店です。

タグ:パン 長崎
posted by 山科玲児 at 06:59| Comment(0) | 日記

2020年05月15日

図説 マヤ文明

図説マヤ文明.jpg




2020年2月出版だから

わりと最近の本である。

筆者はメキシコで実際の発掘に携わっている気鋭の専門家なので、一次資料をふんだんに使った最新の知見にあふれた見事な本になっている。カラクムル発見の壁画:しかも風俗図のカラー写真なんか初めて観た。出色の本だと思う。

 ただ、筆者の見解を前に押し出しすぎているところもあるような気もしないではない。

また、論文みたいな文章で、一般むきの本としては、文体が、かなり堅いし、構成もなんか予備知識のある人に語っているようにみえる。
例えば、

25P
>定住農耕化は、一見すると自給自足率を高めるため、他地域との交易関係を希薄にさせる印象を与える。


 これはちょっと堅すぎるだろう。。ちょっと書き直してみる。

拙校正文>定住農耕生活が一般的になると、自給自足率が高くなるために、一見すると、他の地域との交易が少なくなるように感じさせる。

・マイケル・D.コウ ,古代マヤ文明
https://honto.jp/netstore/pd-book_02316166.html

・芝崎みゆき、古代マヤ・アステカ不可思議大全  草思社、2010/5/22
     https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784794217622

などを、まず読んでから、最新情報 研究を知るために、こちらを読んだほうがいいのでは?と感じた。


posted by 山科玲児 at 07:24| Comment(0) | 日記

龍門石窟の破壊略奪問題  続

Chinese Scuptures CTLoo sss.jpg

龍門石窟の破壊・略奪、特に仏頭を切り落として売るという野蛮な行為が行われた件についての、ラングトン・ウォーナーの証言については、コロンビア大学の中国人による2016年の博士論文に、1913年ごろのウォーナーからフーリアへの手紙を多数原文引用しているので、知ることができる。

 2016 Theses Doctoral
Making “Chinese Art”: Knowledge and Authority in the Transpacific Progressive Era
Shin, Kin-Yee Ian
https://academiccommons.columbia.edu/doi/10.7916/D8057G23

  やはり、Bingを中心とするフランスの業者たちが中心だったようである。日本は全然関係ないじゃないの。。。

賓陽洞の帝后礼仏図の大きな浮き彫りの破壊については、、
Fletcher Coleman . Fragments and Traces: Reconstituting Offering Procession of the Empress as Donor with Her Court
https://www.orientations.com.hk/search-index-result/?art_id=12416&backissue_id=12383&article=detail
タグ:龍門石窟
posted by 山科玲児 at 07:02| Comment(0) | 日記

2020年05月14日

松本文三郎旧蔵・龍門二十品拓本  続

龍門 魏霊蔵P.JPG

松本文三郎旧蔵・龍門二十品拓本 PDF
https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/230133/1/ryumon20pin.pdf

  どうも、この二十品  一度に採った拓本を冊にしたものではなくて、法帖屋に集めていたものから、二十品選び出して冊にしたものか? あるいは松本氏が整本で随時集めたもののうち二十品を切って習字しやすいように冊にしたものなのかもしれない。

  孫秋生::これは 嘉慶末〜道光初期ぐらいの精拓本で、かなり良いほうだと思う。

  解伯達造像記:: これは、かなり新しいのでは? 

  一弗::これは友人のとこに、凄い精拓本、整本があるので、それに比べるとこれも含めてたいていは色あせてしまう。松本本は、精華堂の龍門二十品所載のものよりは時代が下るもので、2、3の字に補刻があるようだ。

  魏霊蔵 ::これはよくわからない。ひょっとしたら偽物 翻刻かもしれない。線の感じが違うところが多すぎる。あるいは、清末に洗石して字をはっきりさせようと手を加えたものかもしれない。 魏霊蔵(イメージは全体の拓本)  は中華人民共和国時代に半壊してしまったので、全部ある旧拓本というだけで、それなりに珍重してしまいがちだがよくみなおさないとと思いました。

  しかし、龍門二十品の拓本なんて、そのへんにゴロゴロあるようにみえて、旧拓、精拓となると揃いで集めるということは難しいものだ、と思う。昭和17年  三省堂 書エンで 龍門十品を集めようとしたときに、装丁が大きすぎるとか虫食いがあるとか色々な理由があったとはいえ、それができなくて各収蔵家から少しづつかり集めて収録した。なんか大げさのように思ったが、そうでもないのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 07:14| Comment(0) | 日記

2020年05月13日

うにまみれ味

P1100255.JPG



  変わった味のポテトチップスを次々に出している山芳製菓から、

うにまみれ味

が去年発売されていたらしいが、長崎市のローソンで今たくさん並べてある。
山芳製菓のサイト
https://www.8044.jp/newsrelease/detail/190/

本当にウニらしい味がする。ローソンで税込み139円なんだから、ウニを多量に使えるはずはないのだから、上手く隠し味で補強しているのだろう。大江戸料理の「ウナギもどき」のようなものだろうか? 裏の成分内訳に「魚醤」というのがあった、ニョクマムやナンプラーやガルムなどだが、ひょっとしたらこれが鍵なのかなあ、と想像している。カンボジア・クメールのものは強烈に臭いので有名らしいが、アンコール遺跡へいったときは出会わなかった。
外務省の解説
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/j_mekong_k/koryu_ak2.html

山芳製菓は、どうも最近、企画倒れの変わりすぎて売れないものも多かったが、これはかなり良い。ついでに「ねぎだくおろしポン酢風味」も再発して欲しいものだ。。


posted by 山科玲児 at 07:53| Comment(0) | 日記

2020年05月12日

エーデルヘーレ祭壇画の外翼グリザイユ

最近、このロヒールの十字架降架(プラド)の模写についての論文
、発見したんだけど、エーデルヘーレのグリザイユについては何も言ってない。

(PDF) The Errant Image: Rogier van der Weyden's "Deposition from the Cross" and Its Copies | Amy Knight Powell - Academia.edu


拙稿


の英語版を出さないといけないのかな?? 
と思いました。

他の模写については、
2019年08月21日  ロヒール 十字架降架の模写

posted by 山科玲児 at 07:51| Comment(0) | 日記