2020年05月05日

荘子 知北游篇

知北遊 mod.jpg

久しぶりに、書道博物館所蔵 唐抄本 荘子 複製(知北游篇  天運篇)を虫干し的にあけてみたら、かなり装丁が傷んではがれてしまっていたので、修理した。まあ、こういうことをやるのが休暇の使いかたなのだろう。

この複製を紐解いていたとき、

2018年04月17日  解説文が紛れ込む
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/183003745.html

で、書いた、注釈の紛れ込み問題を思い出し、写真に撮った。イメージに赤線で挿入部分らしいところを区別してみた。
注釈かもしれない該当部分に更に後世の注釈までがついているから、紛れ込んだのは相当古く、あるいは後漢時代ごろかもしれない。
posted by 山科玲児 at 13:33| Comment(0) | 日記

手の謎

margaret van eyk.jpg




ヤン・ファン・アイクの作品の、今回の画像資料集
Closer to Van Eyck | Further Works by Jan van Eyck
http://closertovaneyck.kikirpa.be/verona/#home/sub=map&modality=vis

ではブルッヘ(ブリュージュ)にある ヤンの妻 マーガレットの肖像画の赤外線写真、赤外線レフレクトグラフィー、X線写真をみることができる。まあ、この順でより深部の構造をみているようなものではある。

この絵の手については、昔からおかしいといわれていて、後から無理に描き加えた、修正されたものではないか??と言われ続けていたものだ。ところが赤外線レフレクトグラフィーですら当初の位置にあるようだ。

これは、ますます謎が深まった、という感じをもった。



posted by 山科玲児 at 10:34| Comment(0) | 日記

ソフトバンクG、抗体検査キット提供 社員向けに

ソフトバンクG、抗体検査キット提供 社員向けに
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58764910S0A500C2000000/

  インドやスペイン、チェコなどから返品されたあの感度5%という粗悪品が混じっているんじゃないだろうね??。なんか返品数の合計=200万 とかなりよくあうのが不気味ですね。そういうものは安かっただろうしね。どうも疑惑が膨らむんですけど。

  SBの中でキットの精度検査評価なんかできないでしょ。いきなり人体実験か? 
きっと、ヤフオクにも多量出品されると思うよ。検査厨の人は、それを狙ったらどうでしょうかね。これは、血だけでやるやつだろうから、鼻の奥に綿棒突っ込むという危険な手技は必要ないのが救いかな。

posted by 山科玲児 at 08:22| 日記