2020年06月08日

コメント制御の理由

ERROR: NOT PERMITED METHOD: subject "へのコメント

というコメント機能への攻撃と思われるアクセスが多いので、
やむをえず、コメント機能を絞っています。
ご了承ください。

posted by 山科玲児 at 19:59| 日記

女声がいい

longchamp.JPG


フランソワ・クープランのルソン・ド・テネブル(レ:複数形)は、本来、ロンシャン女子修道院(上イメージ)のために書かれた曲なのだから、女声で歌うのが正しいのだが、なぜかカウンターテナーの持ち歌になってしまっている。まあ、クープラン自身が移調して他の声域の歌手が歌ってもいいと書いているので全くデタラメというわけでもないのだが。。この、ロンシャン修道院は今はあとかたもなく競馬場になってしまっている。フランス革命のときの破壊なんだろう。

最近は、女声での優れた演奏もあるようで、Youtubeで聴くこともできる。
Couperin: Trois Lecons de Tenebres - Premiere Lecon a une

posted by 山科玲児 at 18:35| Comment(0) | 日記