2020年06月26日

杉浦先生の日本書道史講義

入門 日本書道史.JPG

30回の授業で分かる 入門 日本書道史
杉浦妙子

http://www.gei-shin.co.jp/books/ISBN978-4-87586-555-1.html

という本がでてます。おとなしい穏当な感じの内容なんですが、あちこちに、お、ここは特色を出してるな、てところがある本でした。例えば 墨書土器とかね。

それにしても、秋萩帖をとりあげてないのは、やはり色々な議論があって紛糾するので教科書的講義にはいれないことにしたのかなあ、、と思いました。。

posted by 山科玲児 at 07:42| Comment(0) | 日記

シアトルの中国書画



  アナーキスト武装集団による占拠で大変なシアトルですが、

  そのシアトル・アジア美術館のサイトで所蔵品の中国書画 写真を観ることができます。

 SAM Interactives
http://chinesepainting.seattleartmuseum.org/OSCI/start?t:state:flow=23d8fe75-5a64-42ce-b5de-42886a95c46d

  それほど多量とはいえないし、めざましい傑作があるわけでもないのですが、ネタとしては、面白いものですね。

  例えば、八大山人の掛け軸2点ありますが、印章だけでサインはない。しかし、それほどひどいものではなさそうですね。
  陳鴻寿の花卉画冊がありますが、これは上海博物館のものと同類のようです。ただ、ちょっと荒っぽい感じがしますね。印章は同一にみえます。
  
posted by 山科玲児 at 06:39| Comment(0) | 日記