2020年07月14日

正座してる

perse  bm detail.jpg

サファビー朝のペルシャ絵画:細密画の本をちらちらみてたら、絨毯に正座していた。胡座じゃなかった。
どうも、現在のイランでも、目上の人とあうときやかしこまったときに正座する風習もあるときく。そういえばムスリムとしての礼拝のときは正座かもしれないなあ。正座については、いろいろな疑問があるのだが、最近気がついたことであり、忘れてしまわないように急いで書いておく。
 この細密画は、フリーア・ギャラリー蔵  16世紀半ば頃 
Source:: S. C. Werch Persian Painting ,Brasiller , NY,1976


タグ:イラン 正座
posted by 山科玲児 at 12:21| Comment(0) | 日記

元銭

至正通宝.JPG




  宋銭とはいうが、元銭とはあまりいわない。埼玉の発掘担当の人がつい間違えたのはそのせいだろう。元時代は紙幣が有名だからだ。
 そうはいっても元時代の貨幣も当然あるわけなので、昔撮影した 至正通寶 の拓本をあげておく。裏にはパスパ文字が入っているようだ。あるいはモンゴル文字・ウイグル文字なんだろうか??
出典は、、崇雲居蔵泉第七から。。

一方、日本銀行金融研究所が書いた解説では、埋蔵銭・出土銭のなかで、元銭は少ないようでトップ20にすら入っていない。

中世の日本で流通した銭貨 −渡来銭 - 日本銀行金融研究所
https://www.imes.boj.or.jp/cm/research/zuroku/mod/2009c_10_29.pdf

 そういうことなので、元をとばしてしまったのだろうか。。
タグ:古銭 元銭
posted by 山科玲児 at 07:47| Comment(2) | 日記