2020年08月10日

イタリアの超絶技巧コロラトゥーラ



プロの歌手:楠野麻衣さんが、

 コロラトゥーラソプラノの超絶技巧曲を紹介してくださっています。
 そりゃ、当方なんかは、バスの低音がでてないなあ、、とかはわかるけど、コロラトゥーラソプラノなんて「こりゃ人間業じゃないなあ」と感じることはできますが、どう難しいのかは具体的にはわからないですからね。

【夜の女王だけじゃない】コロラトゥーラソプラノ超絶技巧の名曲〜イタリア編〜【マイナーだけどカッコいい】
https://kusunomai.com/articles/post-2001004/

この中では、ヴィヴァルディの「忠実なニンフ」の一番目の曲が凜々しくていい。
Alma oppressa da sorte crudele (Licori)

Sandrine の 演奏会ライブ動画もあるようです。相当難しい曲みたいですね。

このオペラですが、実はヴィヴァルディのオペラ録音ではLP時代にあって、ひょっとしたら最初の全曲録音されたヴィヴァルディ オペラかもしれません。しかし、1960年代当時の歌手がどう歌っていたのか???  はなはだ不審不安な感じですね。フラグスタートのパーセルのディドみたいな感じだったのでしょうか??

posted by 山科玲児 at 18:05| Comment(0) | 日記

台風五号

一時間ぐらいで通過してしまいました。
急に台風モードになったtと思ったら、すぐおさまり、台風の目じゃまずいからじっとまっていたが、曇り状態が続いているので、通過ということでしょうね。

タグ:長崎
posted by 山科玲児 at 14:55| Comment(0) | 日記

黙示録の四騎士



Anjou Apocalypse Revelation Death  S.JPG
Memling john (6).jpg



反中共、反グローバリゼーションプロパガンタ活動家バノンSteve Bannonが、ロバート・オブライエン国家安全保障担当大統領補佐官、Robert O’Brien、 クリストファー・レイ連邦捜査局(FBI)長官Christopher Wray, マイク・ポンペオ国務長官Mike Pompeo,ウィリアム・バー司法長官William Barr.を黙示録の四騎士に例えていました。
https://news.so-net.ne.jp/article/detail/2018842/

「戦時内閣」という位置づけてのことですが、かなり不吉な気がします。黙示録のこの節では、「四騎士は、剣、飢餓、死、獣で地球の四分の一の人々を殺す権能を授けられていた。」です。現在の全人類の人口の「四分の一」はちょうど中華人民共和国です。

黙示録の四騎士のイメージは、デューラーの木版画が有名ですが、ちょっと騒がしいので。アンジューの黙示録タペストリーの一部「蒼さめた馬あり 乗る者の名は『死』。地獄がそれに従う」をとりました。二番目に、ハンス・メムリンクの祭壇画(ブリュージュ、メムリンク美術館)の一部 部分拡大をあげてみます。
posted by 山科玲児 at 08:18| Comment(0) | 日記

ポンペオ演説の全訳



2020年07月25日  全訳を出さないマスコミ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187731193.html

で、不満を出した件ですが、一応 全訳を字幕につけた動画がでてました。

日本語字幕:改訂版】ポンペオ長官:リチャード・ニクソン大統領図書館での演説 7/23

https://www.youtube.com/watch?v=Q6-zV91JXNo

しかし、何回か聴いてるけど、ポンペオはそれほ話術はうまくないように思う。トランプのほうが圧倒的に上手い。まあ、それほしょうがないのかな。

あとポンペオと古代ローマの高名な政治家:ポンペイウスとの関係を知りたいと思った。

posted by 山科玲児 at 07:30| Comment(0) | 日記

2020年08月09日

美人?の駐米大使



 台湾の駐米台北経済文化代表処代表(駐米大使)に簫美琴(48)という人が任命されました。この人の
Wikipediaサイト写真、片山さつきさんの写真ぐらい美化してるみたいですが、まあ、確かにきれいな人ですね。台米ハーフの人で、蔡英文総統の腹心の一人だそうです。

  宋美齢が対米工作に活躍したように、ワシントンでもがんばるのかな。

posted by 山科玲児 at 17:17| Comment(0) | 日記

黙祷サイレンが聞こえなかった

原爆の日なのに11時2分の黙祷サイレンが聞こえなかった。

黙祷のあと、オケゲム のレクイエムを流すことにした。

Ockeghem, Johannes (c.1410-1497) Ockeghem Requiem, La Rue Requiem : S.Bull / Cappella Pratensis (Hybrid)|HMV&BOOKS online https://www.hmv.co.jp/en/product/detail/4941818 @HMV_Japan
タグ:長崎
posted by 山科玲児 at 11:17| Comment(0) | 日記

猫の皮

Pedlar Boymans detail.jpg



神戸大学の大杉 千尋さん、今は日本大学らしいが、、が翻訳したグリューネワルトの遺産目録というのがある。
そのなかに「猫の皮 6」ってのがある。

これで、思い出したのは、ロッテルダム ボイマンス美術館所蔵:ヒエロニムス・ボス「放浪者」が背中の荷物にはっている「猫の皮」でした。

大杉 千尋
グリューネワルトの遺産目録 (神戸大学サイト)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81010459.pdf

ザントラルトによるグリューネヴァルト伝
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81010478.pdf
posted by 山科玲児 at 06:06| Comment(0) | 日記

2020年08月08日

戯鴻堂帖の原石

戯鴻堂 第2巻頭.JPG



  イメージは戯鴻堂帖 第2巻頭の拓本であるが、いうまでもなく安物の一冊だけの端本で、あまりよろしいものではない。一応古いものではある。
  全部のセットのイメージはハーヴァードにある。
https://curiosity.lib.harvard.edu/chinese-rubbings-collection/catalog/6-990095533640203941

  この戯鴻堂帖の原石は安徽省 博物館(合肥)に133個  現存しているという。故宮博物院古書画部副研究館員 尹一梅氏のコメント


  そうなると、清時代後期、明治以降近年にいたるまででも拓本をとったものがあるのではないか?と思う。

  現在、合肥は洪水被害なので、例えあとで発掘できる石であるとはいえ、心配である。

ただし、氏は
>二十世紀40年代に日本の空爆を受けて破砕した

と書いてあるが、なにかの間違いだろう。あったとしたら国共内戦だろう。1939年までにはこの地域では、大規模な戦闘はなくなっている。

タグ:戯鴻堂帖
posted by 山科玲児 at 14:53| Comment(0) | 日記

グリューネワルトとメムリンク

検索というのは面白いもので、1つの単語地名を横断的に検索するので、ときどきはっとする事実が浮かび上がることがある。
マチアス・グリューネワルトとハンス・メムリンク:この一見全く反対の画風の画家が同じ町の出身もしくは同じ町に住んでいた、とんでもない地縁があったようなのだ。勿論、年代がずれてるからその町で親交があったというわけではない。
それが、マインツの南部、アッシャンブルク近郊のゼーリゲンシュタットだ。
メムリンクはいうまでもなくゼーリゲンシュタット生まれである。両親が1451年ごろ逝去して、その後、おそらく、ケルン、ブリュッセルを経てブリュージュに落ち着いて大成した人だ。

マチアス・グリューネワルトが、遠くハレで仕事していて客死?したときの古文書があり、マチアスのゼーリゲンシュタットにいる息子に通知することが書いてあった。つまりゼーリゲンシュタットに本拠をおいていたのだろう。
マチアス・グリューネワルトは、アッシャンブルクのマチアスとも当時呼ばれていたのだから、アッシャンブルクとは深い関係があったんだろうが、まさかメムリンクの生地:ゼーリゲンシュタットと関係があったとは思わなかった。ゼーリゲンシュタットには、現在マチアス・グリューネワルト通り、というのがある。

そういうことで、マチアス・グリューネワルトは修業時代にブリュージュのメムリンクのとこにもいったのではないか?という憶測もあるようである(ref)。なんか到底信じられないが。
しかしあの苛烈なグリューネワルトと端麗優雅なメムリンクがねえ。

Ref. Pietro Bianconi,  Tout l'ouvres peint de Grunewald, 1984改版本、Flammarion, Paris
     
posted by 山科玲児 at 08:03| Comment(0) | 日記

ポルトガル料理



最近、注目してるのが、ポルトガル料理である。昔、マカオでポルトガル=マカオ料理の店にいってよかったこともあり記憶には留めていた。
最近、ポルトガル料理の本などを図書館で読んで、ひょっとしたら、日本の洋食にはポルトガル料理の影響、強いんじゃ無いか、とさえ思った。勿論、直接ポルトガルからというよりは、アメリカ経由とか英国経由とかいう間接的なものかもしれない。日本のスパゲッティ・ナポリタンが米国経由らしいように。

なんかさ、チキンライスとかコロッケとかもろポルトガル料理風なんだよな。また、日本人が欧州で食べ歩いて一番よかったという料理にポルトガル料理をあげる人が多い。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/mp/recipe/type/tp_portuguese.html
posted by 山科玲児 at 07:03| Comment(0) | 日記