2020年08月07日

でかい・重い

 コロナ予防のため、宅急便は1日玄関に放置することにしている。まあ、クール便など、至急開封しなければいけないものはしょうがないが、そういうのは1/10もないのだから。
  そういうわけで、
北山汲古:碑帖銘刻拓本 http://www.artmuseum.cuhk.edu.hk/zh/bookstore/overview/detail/42
の梱包をようやくあけたんだが、第一印象は、でかい・重い
26.0cm x 36.0cm
重量     2.74kg

前、マカオで 八大山人 石濤 特別展をみたときも、カタログのあまりのでかさ重さにおそれをなして買わなかった。まあマカオの場合はポルトガル語もいれるのでどうしても重く厚くなるのだが、香港中文大学のそれもそうなりやすいようだ。
宋拓王右軍書の複製は重さはともかく大きさは更に大きく高さ40cm以上。。昔の正倉院図録みたいだ。ご注意あれ。

宋刻《淳化閣帖》泉州本卷六至八集王書
25.5cm x 40.5cm
重量     710.00 克

posted by 山科玲児 at 07:33| Comment(0) | 日記