2020年10月01日

【訂正】売却済::ボッティチェリ ざくろの聖母 の別ヴァージョン

別の動画もありました。
https://www.youtube.com/watch?v=CgFb7sdYAbU

また、
いったい、この絵はどの機関が所有してるんだろう??
という疑問もあり、English Heritageの中の解説を探ってみました。
History and Stories: Ranger’s House – The Wernher Collection
https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/rangers-house-the-wernher-collection/history-and-stories/

を読むと、もともと19世紀末〜20世紀初に、キンバリーのダイヤモンドで財をなした
Wernher氏のコレクションです。Wernher Foundation というのがコレクションを所有していて、English Heritageに寄託しているという形です。このグリニッジのRanger's Houseは,Wernher氏とは、関係がなく、収納場所・展示場所がなかったWernher コレクションに場所を提供し、そのかわり展示・管理させてもらっているという事情です。

実は、今年2020年7月、ロンドン Christie'sのオークションで売却されてました。355,750ポンド 約5000万円 かなり安めですね。

どうも、2000年7月、ロンドン Christie'sのオークションで売却されてました。355,750ポンド 約5000万円 かなり安めですね。それでも、なお、English Heritage 管理になっているということは、国家による落札なのか? 落札者が引き続き寄託しているのか?ということだと思います。

Sale 6293
WORKS OF ART FROM THE WERNHER COLLECTION
London 5 July 2000

このコレクションは他にも興味ふかいものがあるようですね。
Collection Highlight
https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/rangers-house-the-wernher-collection/history-and-stories/collection/

フィリッピーノ・リッピの聖母の青い衣が美しいトンド (663,750ポンド 約1億円で売却)  やベルナール・パリッシーの不気味な皿が眼をひきます。パリッシーについては真贋はかなり難しいものだそうですが、当方はよくわかりません。ハーブリエル・メッツのお約束の風俗画もありますね。
また、メムリンクの聖母子がありますが、一見、メムリンクにみえないので ?? と思ったものですが、
総カタログではOKとされているようです。 ロヒール・ファンデアワイデンに倣った初期作品と考えたらよさそうです。

https://www.english-heritage.org.uk/siteassets/home/visit/places-to-visit/rangers-house-the-wernher-collection/collection-gallery/rangers-memling.jpg

ただ、こういう作品群は、もともとサインも伝承もない、一群の15世紀後半フランドル絵画をどう腑分けするかという問題なので、ときどき画家名が変わったりしそうですね。

posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記

もともとディベートではなかった


なぜ、トランプ大統領が、バイデンの話に、何度も割り込んだのか??
ディベートのルールに反してるのではないか? という悪印象を私ももちました。
「トランプだから」といえば、それまでですが、全部の文字書き起こしを、英国のデイリーメイルがやっていました。
Daily Mail::

よく読むと、最初に司会者が、
「司会者が双方に質問して各人が2分づつ答えたあとは、open discussion(自由討論)にする」「これは双方が合意したものだ。」
と言ってるんですね。
つまり、これはディベートでは初めからないわけで、米国の大学などで教えられるディベートの作法とはまるで違っております。

司会者は最初から、こういって起きながら、頻繁に介入してましたね。


CHRIS WALLACE:

>The Commission has designed the format, six roughly 15 minute segments with two minute answers from each candidate to the first question, then open discussion for the rest of each segment. Both campaigns have agreed to these rules. For the record, I decided the topics and the questions in each topic. I can assure you none of the questions has been shared with the Commission or the two candidates.
>
posted by 山科玲児 at 08:01| Comment(0) | 日記