2020年10月10日

呉穣之の臨書

呉 鄭文.JPG

 鄭道昭の臨書の模範例といえばきまりきったものばかりがでるが、

ちょっとかわった、現在は消滅したものを、紹介してみる。
呉穣之の鄭文公下碑臨書で河井センロ旧蔵、東京大空襲で焼失したものである。なかなか味があるものだと思う。四幅セットの掛け軸だったそうなので、あるていど大きいものだったのだろう。
タグ:呉穣之
posted by 山科玲児 at 16:37| Comment(0) | 日記

京都国立博物館の研究紀要 公開



學叢
https://www.kyohaku.go.jp/jp/gaiyou/gakusou/

京都国立博物館の研究紀要。研究員による論文、作品研究、研究随想、調査報告などが収録されています。

かなりの号がPDFで無料で読めるようです。
posted by 山科玲児 at 09:41| Comment(0) | 日記

10年前のフェイク展

Fake the Art of Deception British Museum s.JPG



ロンドン  ナショナル・ギャラリーで10年前に開催された 偽物・鑑定間違い、発見展示のわりと画像の多いサイトをみつけました。
the GUardianの記事です
https://www.theguardian.com/artanddesign/gallery/2010/apr/15/fakes-exhibition-national-gallery

しかし、英国人というのは、定期的に、こういう大展覧やってますね。
1990年にも大英博物館でイメージのカタログのような大展覧やっていたし。。
Fake?: The Art of Deception  1990/3/5


展覧会自体は、こういう題名・期日で開催されたものみたいですね。
Close Examination : Fakes, Mistakes and Discoveries

London, National Gallery, from 28 June until 12 September 2010
posted by 山科玲児 at 08:12| Comment(0) | 日記

繭山龍泉堂 青磁も展覧



繭山龍泉堂
https://www.mayuyama.jp/
  2020年 秋の展覧 明初
  10月17日〜10月25日 11:00〜17:00 無休
  蒐集家愛蔵青磁展も併催だそうです。
 こちrsで、オクトーバー サプライズあるかな??
posted by 山科玲児 at 08:01| Comment(0) | 日記