2020年10月28日

エール大学


ハンター・バイデンが取締役であった中国側のファンド会社
渤海華美 Bohai, Harvestだが、
ウオールストリート ジャーナル 2014年7月10日
Bohai, Harvest and U.S. Investment Firms Expand Target for Outbound Fund
https://www.wsj.com/articles/bohai-harvest-and-u-s-investment-firms-expand-target-for-outbound-fund-1404956572

>The fund  launched by Chinese assset managers Bohai Industrial Investment Fund Management Co.  and Harvest Fund Management Co. alongside U.S. advisory firms Rosemont Seneca Partmers and Thornton Group LLC


Thornton Group は暗黒街の大ボス:バルジャーの甥であるJames Bulgerと台湾人林俊良(Michael Lin、現在57歳)が創立者である。ハンター・バイデンの中国ビジネスを助けたのは、この実業家:林俊良氏らしい。

この台湾人実業家:林俊良氏は、エール大学 修士  卒業している。
ここ10年、中国、米国の政商トップといききしている人だという。
このエール大学での政治家  政商のコネクションというと、やはりスカル・アンド・ボーンズという組織 結社を思い出さざるをえない。歴代のアメリカの在中国大使は殆どこの結社員だそうである。RosemontのDEVON ARCHERもエール大学でのハンターの友人だしね。
posted by 山科玲児 at 09:10| Comment(0) | 日記

名古屋城

河村市長は名古屋城をオリジナルの木造での再建計画を進めているらしい。
https://mainichi.jp/articles/20200305/k00/00m/010/140000c

 実は、戦災で消失した名古屋城については詳細な測量写真など資料が残っているので、中の装飾まで含めて復元しようと思えばできる。
古写真 名古屋城本丸御殿
https://www.tobunken.go.jp/image-gallery/nagoya/index.html

戦後焼失後に復元当初、金ぴかだった京都北山の金閣寺もほどよく古びたのだから、名古屋城も復元すれば数十年後にはいい感じになるだろう。そのころには河村市長も当方もこの世にいないだろうが、そうなると思っている。
posted by 山科玲児 at 08:50| Comment(0) | 日記