2020年11月10日

パカル王のマスク

Palenque.jpg
  イメージはパカル王の墓を発見したルスの著作  表紙:

2018年の発見なので旧聞になりましたが、古代マヤ文明の都市国家パレンケのパカル王:キニチ・ハナーブ・パカル1世K'inich Janaab' Pakal I、603年 - 683年)
のストッコによるマスクが考古学者によって、パレンケのど真ん中・中心部、観光客であふれるいわゆる「宮殿」の家Eで発見されていたようです。このマスクは老人のころのマスクとしては唯一のものだそうです。他の肖像彫刻は皆若い顔や中年ぐらいの顔です。パカル王の年齢については、色々論争があったようですが、碑文解読による80歳というのが、誇張はあっても確かそうですね。パカル王の墓は1952年ごろ、考古学者アルベルト・ルスが同じパレンケの碑文の神殿ピラミッドの中に発見し、マヤの神殿ピラミッドが王墓でもあったという最初の証拠になりました。ピラミッドの内部トンネルの発掘自体は1949年から開始したようですが王墓に到達したのが1952年(ref)。

 この新発見のマスク、どうも家Eの東広場への排水孔・下水経路を調査していたとき、地下・床下でみつけた祭祀穴に埋められていたようなのですが、まさか、こんなど真ん中でまだまだ発見があるとは、驚きです。

動画
Ancient Mask of Maya King Pakal Discovered | Ancient Architects
https://www.youtube.com/watch?v=Hw1IrArpwEc

ニューズウィークの記事:1500年というのは間違いですね。1350年のほうがまだ正しい。ニューズウィークらしい煽り記事です。150年も見出しでサバ読んでます。

パカル王の墓から出たヒスイのマスクは、メキシコ・シティーの人類学博物館にありますが、一度、盗まれました。その後、戻ったようですね。ただ、古い本だと盗まれたまま行方不明ということになっているので要注意です。その顛末は

Museo Nacional de Antropologia Theft


に書いてあります。

パレンケの観光客状態については、
芝崎みゆき、マヤ・アステカ遺跡へっぴり紀行 : メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス・ベリーズの旅
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784794217639

を参照のこと::

REF.  Albert RUZ  Palenque Official Guide, 1960,(イメージ)


posted by 山科玲児 at 07:24| Comment(0) | 日記

2020年11月09日

1112年ごろの版画

元真集 版画mod.JPG

西本願寺本三十六人家集の元真集の一部に版画技法で絵を入れたところがあるようです。この兎なんかそれっぽいです。
     
posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 日記

2020年11月08日

空想

ひょっとして、大統領選挙が長引き  議会決着になったら、
共和党の結束が必要になる。
下院共和党がペンス大統領を指名し、
上院共和党がトランプ副大統領を指名するという

サプライズもありえるかもしれないね。

米国法には詳しくないので、このようなアクロバットが可能なのかはわからないが、
共和党関係者も権力・利権は手放したくないだろうし、こういう形で結束させるという可能性もあるかも。。

posted by 山科玲児 at 18:23| Comment(0) | 日記

マスコミは英語が読めない

この件は、もう静観するしかない、と思っていたのですが、あまり酷かったので。

トランプ氏長女・イバンカ補佐官「法が定めた全投票は数えるべきだ」…党派声明ではない

誤訳です。こんな簡単な英語も読めないのか。。

>適法な票は全て数えるべき。違法な票はそうでない。議論の余地はありません。

Every legally cast vote should be counted. Every illegally cast vote should not. This should not be controversial.


原文Twitter

こっちはHerbert Horneの凝った難しい英語の手紙に四苦八苦してるのに、、、
タグ:マスコミ
posted by 山科玲児 at 14:34| Comment(0) | 日記

きょう賢画法冊

半千画稿.JPG

龔賢畫法冊
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/hansen_album.pdf

アップしました。

これは、芥子園画伝の原型のようなものだと思います。
昔、栄豊斎画譜に翻印されたことがありました。




タグ:中国絵画
posted by 山科玲児 at 08:56| Comment(0) | 日記

クリスティーナ女王時代の音楽

スウェーデン女王クリスチナ.JPG

URLリンク  ショートカットを整理していたら、アレッサンドロ・スカルラッティの牧歌劇風声楽曲があった
Alessandro Scarlatti - Clori e Mirtillo (cantata H419)
https://www.youtube.com/watch?v=qL2XHYHNogM

これは、
クリスティーナ女王と音楽史 [2020/07/17 08:01]
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187704326.html
で、のべたようにクリスティーナ女王の趣味と関係がありそうな気がする。
また、同じくクリスティーナ女王が庇護したコレッリのトリオ・ソナタは、
https://www.youtube.com/watch?v=nzC0PSiM8Kk

当時のローマの貴族サロン音楽は、こういうものだったんだろう。

一方、絵画の趣味は、

クリスチナ女王の好み [2020/07/24 16:40]
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187729395.html

で 触れておいた。
イメージは、下村寅太郎 スウェーデン女王クリスチナ バロック精神史の一肖像  1975、中央公論社
posted by 山科玲児 at 05:11| Comment(0) | 日記

2020年11月07日

チョコレートとチュロス

Madrid チュロス  ショコラ Desayuno.JPG


ホットチョコレートとチュロス(揚げパン?)はスペイン人が愛する組み合わせで、マドリードでは、専門店もあり、喫茶店にもたいていある。ホテルの朝食ビュッフェにもでてくる。

この砂糖入りのドロドロのチョコレートというのは、スペイン人の発明らしい。


写真は、2016年  マドリードでの当方の撮影
posted by 山科玲児 at 12:02| Comment(0) | 日記

2020年11月06日

開票速報をみたくなくなった

  前代未聞のブザマなバイデン+民主党の不正選挙を知ったあと、もう開票速報をみたくなくなった。
 負けそうになったら、共和党監視員を追い出して、どっからか十万票の票の束が深夜に出現するというような勝負のどこが面白いのだろうか?  ルールの中で死力を尽くすからこそ面白いのだ。反則するとしても、審判にみつからないよう減点にならないように誤魔化す技術があればまだいい。バイデン+民主党の手口があまりに稚拙なので、不正手段に感心して面白がることもできない。民主党は、プーチンあたりに師事して学んだほうがよいだろう。

 なんでもありの勝負なら「戦争」というカテゴリーさえ超えた勝負であって、もはや選挙ではない。対戦車ミサイルでも使えばいい。
 勿論、世界の運命がかかる勝負であるが、もはや開票の数字自体に意味があるのだろうか?   次に、法廷の勝負、議会の勝負に移れば、それなりにまたニュースみることもあるだろう。
posted by 山科玲児 at 19:06| Comment(0) | 日記

150年前からの米国民主党の腐敗


アメリカ大統領選の法外な不正選挙をみて、ア然となり、古い本を書架の奥からひっぱりだして、米国の歴史を読んでみた。

猿谷 要(さるや かなめ、1923 - 2011)、生活の世界歴史 9 新大陸に生きる 河出書房新社 1975、河出文庫 1992

である。これは新大陸といってもアメリカだけの歴史であるので、詳しい。1970年代の本らしく、米国の独善非道強欲不正残忍を容赦なく暴き立てているので、当方の米国への見方を一変させた良書である。

このなかで、注目したのは、あろうことか1860年代に,最高の見積もりで2億ドルを横領して、つかまり獄死した民主党政治家
上院議員:ウィリアム・M・トウィード William M. Tweed(1823-1878) が眼にとまった。

  2億ドル横領ですよ、それも1870年ごろの、、1,830年代に13歳のカーネギーが週給1ドル20セントで工場労働し、1900年ごろヘンリー・フォードが日給5ドルを出して破格の給料だといわれた、ことからしていかに馬鹿馬鹿しいほど桁違いの横領だとわかる。

  この本ではそれ以上書いていなかったが、ネット情報など検索して興味深いことがわかった。
 そもそも、ウィリアム・M・トウィードは何をやっていたのか、それはタマニー・ホールのボスであった。ではタマニー・ホールとは何か? 民主党の派閥であり、集金集票マシーンであった。

ウィキペデアの タマニー・ホールの記述 トウィードの話も少しのっている。

>タマニー・ホールの支持基盤は増加する一方の移民にあり、しばしば援助と引き換えに政治的支援を確保していた。

 移民に対して援助をするのと、引き替えに投票を確保する。
 まさに、現在の米国民主党のやりかたと同じであり、三つ子の魂100までとは、よく言ったものである。

  そして、腐敗体質も同じだろう。
posted by 山科玲児 at 07:07| Comment(0) | 日記

2020年11月05日

開票所に市民押しかけ

ミシガン州デトロイト 開票所に市民押しかけ

ああ、やっぱりこうなったか。南北戦争以来の危機だってことを、
米国民主党はわかってんのかね。

日本みたいな、おとなしい國民じゃない。皆武装し、自衛する米国人なんだからね。

さらに、20世紀に亡くなったWilliam Bradley氏(1902年生まれ)の投票まで発覚しているようですね。




posted by 山科玲児 at 21:09| Comment(0) | 日記