2020年11月15日

書学書道史研究 30号  続2

貞観本P1070627 (1).JPG
  イメージは貞観本  蒋善進臨  千字文の一部


 江戸期における千字文出版状況の考察

という調査報告もありました。

ただ、できたら、日本における千字文  注解 の歴史も触れてもらいたかった。
この件は、戦前でも意外とあまりやられていないようで、三省堂書エンの執筆者も困っていたようです。なにせ5世紀末6世紀初めごろの文章ですから、現在いろいろわからないところがあるのは当たり前なので、注釈はいるでしょう。で、江戸時代にも結構真面目に注解していたようなんですね。

注解自体は、20世紀では、確か伏見先生あたりがやっていたかなあ??  記憶が曖昧です。
伏見 冲敬,千字文詳解  1983/12/1  みたいですね。。思い出しました。

現代でも注解書を出している人もいるようなのですが、まだ読んではおりません。
posted by 山科玲児 at 19:43| Comment(0) | 日記

内閣文庫アルカイーブ

王羲之関係で、晋書の古版を探していたら、
国立公文書館に大きな版本写本イメージのデジタルアルカイーブがあることに気がつきました。

国立公文書館

posted by 山科玲児 at 07:25| Comment(0) | 日記