2020年11月20日

額縁

Meister_Theoderich_von_Prag.jpg

西洋絵画の額縁については、日本ではかなり先入観があるようだ。
私がそれを思い知ったのは、このプラハにある板絵

が、本来額縁にあたるところまではみ出して描いてあるのを写真でみたときである。

ファンアイクのだまし絵風額縁もかなり刺激的だったが、プラハのこの14世紀の野蛮な感じのする絵のほうがより強烈だった。




posted by 山科玲児 at 11:52| Comment(0) | 日記

選挙とグローバル企業

今回の米大統領選挙の大規模不正をみると、

選挙事務;特に開票集計を外注するということは、本当に危険なことだと思う。

 集計処理業務が国外サーバーで行われる、そこで操作される危険すらある。

  日本に一見原始的で旧弊な選挙方法は、むしろセキュリティが高いのではないか?
  もっとも、上部での集計段階でグローバル企業にやられている可能性はないでないが、下層部分では、まず安全っぽい。

  米国では、いきすぎた民営化が、グローバル企業による国家管理をまねいているという話をい従来から聞いていた。
  刑務所の民営化に伴う奴隷労働
  水道の民営化に伴う高くて悪劣な水
  民間軍事会社による戦争の補助にともなう弊害
  などは側聞していた。

 しかし、まさか民主主義の根幹の一つである選挙の民営化・外注化がすすんだあげく、このような惨状になっているとは思いもしなかった。
posted by 山科玲児 at 08:49| Comment(0) | 日記