2020年12月17日

2段鍵盤と連弾とラインベルガー



ゴールドベルク変奏曲つながりで、
ニューヨーク  メトロポリタン美術館のサイトの動画で、

2017年08月03日  2段鍵盤ピアノでゴールドベルク
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/180533516.html
で紹介した動画を再度視聴しました。
The Goldberg Variations The Double Manual Experience  The Metropolitan Museum of Art
http://www.metmuseum.org/metmedia/video/concerts/christopher-taylor

なんか下の鍵盤ばかり使っているなあ、と思ったが、技術的問題というより音色を変えるというかパイプオルガンのストップ変更のような意味で、上の鍵盤を使っている。だからゆっくりとした曲でも上下を均等に使ったりして、あたかも2台の違った楽器で演奏しているような趣を出すことに成功しているようです。さすがに難曲の第14変奏は、上下フルに使い、手の交差もある。

これを聴いていて出てくるのは、いっそのこと、ピアノ連弾でゴールドベルクをやったほうがいいのではないか?という発想でしょう。19世紀に既に発想した人がいて、編曲があります。

ラインベルガー  2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 (BWV988, WoO 3)

演奏動画もあります。。
https://www.youtube.com/watch?v=zkFANRjc9YU

このラインベルガーJosef Gabriel Rheinberger (1839-1901)という人、不運な作曲家で忘れられかけられているが、なんとリヒテンシュタイン公国人でした。案外、リヒテンシュタイン唯一の有名作曲家かもしれないね。

忘れられた作曲家 - Rheinbergeriana :私設ラインベルガー研究室/Josef Rheinberger
https://rheinberger-jp.jimdofree.com/

というサイトがあって、細かい事情を知ることができますが、時代の偏見というのは現代でもあることがわかります。セシリア運動の功罪や古楽復興運動への影響というのも、考えさせる問題ではないでしょうか。
ドメニコ・ツィーポリ(Domenico Zipoli, 1688〜1726)なんか、20世紀末ぐらいにようやく復興した作曲家なんだから、ラインベルガーにもそれなりの再評価があってもいいように感じます。レーガーはどっちかというと過大評価されすぎじゃないでしょうか。うるさいだけの曲が多いしね。


posted by 山科玲児 at 07:12| Comment(0) | 日記

2020年12月16日

弦楽トリオのゴールドベルク変奏曲  5


偶然、ボローニャでのゴールドベルク演奏を、また聴いたので、ゴールドベルク変奏曲の弦楽トリオ編曲について、まとめてみたい。
 当方としては、小樽での演奏の動画を聴いて、これはすごいと思ってのめりこんだものだ。
  これはもともと、ロシアのドミトリー=シトコヴェツキーが編曲して、演奏したのが始まりだった。現在でもこの編曲が一番多く演奏されているようである。これは驚くべき発見・業績だと思う。 はっきりいってピアノやチェンバロによる演奏よりずっと対位法の筋道輪郭がくっきりとして、各曲の性格もより露わになった。
  おそらく、これはグレン・グールドの晩年のゴールドベルク演奏に刺激を受けた試みだったのではないか?と推定している。グールドはソビエト・ロシアでも演奏会やっているし、ロシアでの知名度もあった。

 当方も、これを聴いて ゴールドベルク変奏曲には原曲というかもとになったトリオソナタなどの曲集があって、それをクラービア曲に編曲し、数曲を付け加えたものが現在のゴールドベルク変奏曲なんだろうと推理したものだ。
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/177624497.html
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178497865.html
実際、バッハはオルガンによるトリオソナタやヴィヴァルディのコンチェルトを鍵盤楽器曲に編曲したりしているのだから。
  シトコヴェツキーも編曲している最中、興奮して楽しくてしかたがなかっただろうね。
  このシトコヴェツキーによる編曲の他に、イタリアのブルーノ・ジュランナBruno Giurannaによる編曲がある。シトコヴェツキーの編曲が鋭い感じを受けるのに対し、ブルーノ・ジュランナのものはより柔らかく和声的である。
  更に、純粋に弦楽トリオではなくフルートもいれた編曲で、パルナッシ・ムジチPARNASSI MUSICIのものがある。これもなかなかいい。
J.S.BACH:GOLDBERG VARIATIONS BWV.988 (FOR BAROQUE ENSEMBLE):PARNASSI MUSICI

 さてシトコヴェツキーの編曲での演奏は、シトコヴェツキー自身が参加した演奏があるが、録音が悪いのかあまり感心しない。
 小樽での演奏をまず勧めたい。ただ、これは繰り返しを省いているので、やや短いものになっている。

弦楽トリオでのゴールドベルク
 J.S.Bach Goldberg Variations (arranged for string t
  http://www.youtube.com/watch?v=LdIXzJyENTs
小樽ヴィオラマスタークラス  小樽市民センターマリンホール 2013年1月8日
ヴァイオリンの島田真千子 ヴィオラ 大島 亮(Ryo Oshima 、 チェロ奥泉 貴圭(OKUIZUMI TAKAYOSHI) 
   顔写真・経歴::http://vmc-otaru.info/vmc2012/page_01.html
10万回以上再生の上に、コメントが殆ど外国語なのが凄い。。

CDになっているものでは、
シューマンとのカップリングで、
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版)、シューマン:ピアノ四重奏曲
 日下紗矢子、赤坂智子、石坂団十郎、北村朋幹
日本コロンビア
これは、繰り返しも全部やっている。

外国では、意外と名演動画が少ない

フランクフルト
https://www.youtube.com/watch?v=H3ygA12-ABo

イタリアのブルーノ・ジュランナBruno Giurannaの編曲は、
ボローニャでの演奏が全曲公開されている。前は抜粋しかなかった。
https://www.youtube.com/watch?v=JCjLef-mfCI

  弦楽四重奏や大小のオーケストラ演奏用に編曲した試作品は古くからあるらしいが、どうもピンとこないものが多い。弦楽トリオほどぴたっとはまっている感じがしないのだ。
  ただ、パルナッシ・ムジチのものは、なかなか面白いものだと思う。これは、同時に演奏するのは三重奏以下に限定するという方法のようで、多数の演奏者がいても実質トリオである
https://www.youtube.com/watch?v=ezCXoRWbraU

  ゴールドベルク変奏曲は、やはりクラヴィコードやチェンバロ、ピアノ、または弦楽トリオまたはそれに準じるトリオ編成で演奏するのが最善だと思う。
posted by 山科玲児 at 07:56| Comment(0) | 日記

2020年12月15日

東京国立博物館の紅型

黄木綿地菊牡丹雲尾長鳥模様紅型衣裳Image5.jpg

東京国立博物館の広報ツイッターで
昔  撮影した紅型衣装が紹介されてたんで、懐かしくて、上イメージをあげてみます。
これは、当方の撮影です。
この紅型は、本当に素晴らしいできでした。
タグ:紅型
posted by 山科玲児 at 17:04| Comment(0) | 日記

ゴールドベルク変奏曲 in ボローニャ

偶然、前 聴いたゴールドベルク変奏曲の弦楽トリオ編曲について.
https://www.youtube.com/watch?v=JCjLef-mfCI
これは、ボローニャの人の編曲で、ロシアの人の編曲ではありません。

同じ団体が来年2月ボローニャの郊外の城館で 演奏する予定
TRIO DI STRUMENTISTI DEL TEATRO ALLA SCALA - Emilia Romagna Festival
https://www.emiliaromagnafestival.it/events/trio-di-strumentisti-del-teatro-alla-scala/



でもコロナ  鎮静してるのかなあ。。
posted by 山科玲児 at 08:48| Comment(0) | 日記

2020年12月14日

アフリカ人の肖像

bosch  black.jpg

ヒエロニムス・ボスの「三賢王礼拝」(プラド美術館)

が、西洋絵画史上、威厳のあるアフリカ人の肖像として古い例である、という意見をどこかで読んだのですが、残念ながら誰がどこで書いたものなのかは忘れてしまいました。

ちょっと残念。
posted by 山科玲児 at 12:13| Comment(0) | 日記

グローバリストは不正選挙が好き



今回のUSA大統領選挙もそうだが、少数独裁全体主義のグローバリストは不正選挙が大好きのようである。少数独裁全体主義じゃ民衆の支持を得られないから、不正で支持を得たと偽装するのである。

英国のEUROPE離脱のときも、下記のようなことが起こった。

2016年07月01日 北朝鮮には英国人がいるのか
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/175889651.html
posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 日記

2020年12月13日

論文

御府領字従山detail.jpg

今は、蘭亭序  領字従山本について、論文書いてます。
領字従山本てのは、四行目の領字が「嶺」になってるものなんですけど、これにはいろいろ未解決問題があるみたいです。

posted by 山科玲児 at 15:27| Comment(0) | 日記

法隆寺宝物と正倉院宝物の取り違え  再


2018年06月17日  法隆寺宝物と正倉院宝物の取り違え
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/183562914.html
で  書いた件は、意外に知られていないのか、それとも、先輩の大失態についてあまり言及したくないという身内かばいなのかはしりませんが、、

東京国立博物館 - 1089ブログ
http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/2016/08/23/%E6%96%B0%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%81%AE%E6%9C%A8%E7%B0%A1/
>これだけ多くの作品が記録もなく正倉院から入り込むことは考えられません。

なんていう、記述もありましたので、再掲いたします。

******* 記 ******
 法隆寺献納宝物の由来 / 石田茂作 / p4〜7
MUSEUM、第282号、昭和49年9月号、no.282,september,1974


7p 注3

法隆寺献納宝物の一部だと思われるものが正倉院にもある。それは前にも一寸触れた天寿国曼陀羅繍帳の数種の断片である。これは明治初めに法隆寺宝物の献納が御裁可になり、当分の間正倉院宝庫に納められ、明治十五年東京移送のおり、法隆寺宝物の1櫃と正倉院宝物の1櫃とがとり違えて運ばれたものだと思われる。よってそうした一括を法隆寺宝物館に移納すると同時に、東博の、所属不明の正倉院幡類を正倉院に移納し、両□(脱字「者」??)の純粋性を確保されたら如何。

以上
posted by 山科玲児 at 08:58| Comment(0) | 日記

うれしそうに自白してる

中国共産党のブレインが自慢げにお話

https://twitter.com/i/status/1335911321557028864

動画が消されると思うので早めにみてくださいね。

この人は、

中国人民大学国際関係学院副院長かつ教授 事務局長

中国対外戦略研究センター副主任兼

翟東升 教授です。

posted by 山科玲児 at 08:40| Comment(0) | 日記

2020年12月12日

モーゼと燃える柴【訂正あり】


エルンスト・フックスの油彩画 テンペラ・板絵(しかも小さい 18.5×23.2cm B5とA4の間ぐらい)
「モーゼと燃える柴」は、カバラ関係の本で読んで
印象的な絵だと思っていたが、
ウイーンのヴェルヴェデーレ宮 美術館にあるようである。
Moses and the burning Bush by Ernst Fuchs: History, Analysis & Facts

posted by 山科玲児 at 19:13| Comment(0) | 日記