2020年12月19日

日本が保護していた八柱蘭亭墨跡

故宮出版  八柱蘭亭.JPG



6年前に、

2014年11月12日  蘭亭八柱第一第二第三本はどこにあったのか?
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/105519243.html
を書きました。

  最近、1973年昭和蘭亭図録をまた参照していたら、、かなり決定的な証拠を得ました。
民国27年と28年に北京故宮博物院から第一第2、第3の影印本がでてました。実物みたわけではないのですが、上記イメージの文献目録から知ることができます。いやあ、長年もっている本でも新たな発見があるものなんですね。。うかつでした。

民国27年って、、1938年です。北京は日本軍が占領していて、傀儡政権 中華民国臨時政府(王克敏 首班)が北京を統治してました。南京も占領され、南遷した故宮博物院は重慶へ移ってしまっています。
台北國立故宮博物院サイト  沿革 南遷の歴史
https://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?sNo=03001502


つまり、間接的とはいえ、日本が蘭亭八柱第一第二第三本墨跡を保護していた、ということになりますね。昭和16年(1941年)ごろに日本に来たものは、この影印本だったのかもしれません。
2016年03月03日 第3の故宮博物院 証拠がでた
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/174303837.html
という事実のように、貧弱ながらも北京故宮博物院は営業をしていた、のは確かですから。

posted by 山科玲児 at 11:58| Comment(0) | 日記

天動説への無知

マスコミの無知蒙昧は、今更だが、この記事には驚いた。
「勝ったのはトランプ」と一部日本人までが言い張る理由
https://www.newsweekjapan.jp/furuya/2020/12/post-4.php
どうやらあの無知蒙昧の若者:【古谷経衡(作家・評論家)】氏の文章らしい

 まあ、大統領選挙の現実はともかくとして、例えにだした地球平面説の年代・常識が間違っているというどうしようもない無知を曝している。

>まるで「地球は平面で、地の果ては滝つぼになっている」と信じている13世紀の中世人のようだ。

13世紀当時最高の神学者・大権威・のちに聖人となったトマス・アクィナス(1225年–1274年)は地球が球状だとのべているんですが、、まあ、現代でも地球平面説を信じている人もいるみたいですから13世紀に結構いても不思議はないが、これはひどいな。

こういう文章は、ニューズウイーク編集部が注意して校正すべきところだろう。ニューズウイーク編集部自体が高校生以下の知識しかないのだろう。古谷経衡氏の文章にはないが見出しなどに「天動説」と地球平面説の混同がみられるようである。 情けない限りである。

現代の物理学者の誠実な記事は、、

いま敢えて問います。天動説と地動説、どちらが正しいと思いますか?(松浦 壮)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51615


関連する同様な疑問は、当方も書いておいた。

2015年07月29日 周転円
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/157794773.html
posted by 山科玲児 at 07:01| Comment(0) | 日記