2020年12月31日

歳末のゴールドベルク

大晦日に聴く曲としては、ゴールドベルク変奏曲なんて、わりといいのではなかろうか、
長調の曲なのに、英雄的な悲愴な面もある素晴らしい曲だ。
当方は、ボーカロイドでこの曲の深みを察し、弦楽トリオ編曲を聴いて、原曲を想像したりした。

それで、今年の聴き納めは当方にこの曲の本当の面白さを教えてくれた小樽での演奏にした。

弦楽トリオでのゴールドベルク
 J.S.Bach Goldberg Variations (arranged for string t
  http://www.youtube.com/watch?v=LdIXzJyENTs

小樽ヴィオラマスタークラス  小樽市民センターマリンホール 2013年1月8日
ヴァイオリンの島田真千子 ヴィオラ 大島 亮(Ryo Oshima 、 チェロ奥泉 貴圭(OKUIZUMI TAKAYOSHI) 
   顔写真・経歴::http://vmc-otaru.info/vmc2012/page_01.html
10万回以上再生の上に、コメントが殆ど外国語なのが凄い。。
posted by 山科玲児 at 21:12| Comment(0) | 日記

海外でのリスクマネジメント

海外旅行滞在のリスクマネジメントについて、
多数の国の経験のあるビジネスマンのかたが紹介している動画がありました。

現在はコロナで旅行は無理ですが、なかなか首肯できるところも多く、再生数も多いようですので、紹介してみます。
   。
posted by 山科玲児 at 20:13| Comment(0) | 日記

管弦楽組曲2番

G_Scheck Bach Ouverture ARCHIV.JPG

上イメージのLPは、高校生のころ、初めて買ったアルヒーフのバッハ  管弦楽組曲2番と3番のLPレコードです。
特に2番のグスタフ・シェックの演奏が好きでした。古楽器のフラウト・トラベルソを聴いたのはこれが初めてかもしれません。
 この演奏はamazonのMP3で売っているようです。
さて、最近、日本人ヴァイオリニスト 佐藤俊介氏がコンサートマスターになったオランダのネーデルランド・バッハ協会の演奏で、この曲を聴き、懐かしく、かつ楽しい曲だと再確認いたしました。この曲は、バッハのなかのフランス趣味を発揮したものなんだな。。。
Bach - Orchestral Suite No. 2 in B minor BWV 1067 - Sato | Netherlands Bach Society - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=x8Rv9ppP6A8/1/1

それにしても、日本人演奏者の技量とヨーロッパでの活躍には瞠目します。




            
           

posted by 山科玲児 at 08:14| Comment(0) | 日記