2021年01月31日

印刷した拓本



2020年03月31日 エイ鶴銘
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187330210.html

を書いたが、ヤフオクで 法隆寺釈迦三尊像光背銘の印刷拓本を掛け軸に表装したものを観て、ああ、これはちょっとネット写真では判別できないな、と感じたものだ。これは大正時代の法書会の書苑の折り込み図版を表装したものだった。なぜネット図版でそうわかるかというと、紙の皺に墨がついたところが同一だったからだ。2つの原拓本でそういうところが一致することはありえない。当方はその書苑の印刷拓本を偶然もっているのでわかっただけだ。
  この法隆寺釈迦三尊像光背銘の拓本は金属板?に重刻したものが結構流布している。立派な図録にもそういうものが掲載されていることがあるらしい。 この法書会の書苑図版はホンモノの法隆寺釈迦三尊像光背から採拓したものを印刷したものなので、ネット画像でみると、間違いの無いホンモノにみえるところが怖いところである。
タグ:拓本
posted by 山科玲児 at 11:03| Comment(0) | 日記

ヨース・ファン・クレーヴの祭壇画

CLEVE P (3).JPG



  今は閉館してる上野の西洋美術館には1976年、山田 智三郎(やまだ ちさぶろう)館長が主導で購入したヨース・ファン・クレーヴの祭壇画がずっと展覧されていた。
 https://collection.nmwa.go.jp/P.1976-0003.html
イメージは当方撮影。

これは、おそらく日本で初期ネーデルランドの三連祭壇画を常設展で観ることができる唯一の作品だと思う。まあ、「初期」というにはちょっと十六世紀になってしまっているが、とにかく本格的な大型三連祭壇画トリプティックで日本でアクセスしやすいものとしては、唯一貴重なものである。状態もわるくないようで、塗り直したところも少ない。

 この絵と似た作品がスコットランド・ナショナル・ギャラリーにあることに気がついた。
Joos van Cleve | National Galleries of Scotland
https://www.nationalgalleries.org/art-and-artists/artists/joos-van-cleve

主題は違うし、人物描写は、むしろ西洋美術館のほうが上手い感じもするが、特に背景の樹木描写などそっくりである。

西洋美術館のサイト解説があげているメトロポリタン美術館の同主題の絵はこちらだが、
The Crucifixion with Saints and a Donor https://www.metmuseum.org/art/collection/search/436792
こっちよりスコットランドのほうが印象が似ているように思う。

ヨース・ファン・クレーヴの作品群は、もと「聖母の死の画家」と分類されていたのだが、二十世紀になって画家名が同定された。

posted by 山科玲児 at 10:02| Comment(0) | 日記

2021年01月30日

ノートン 皇帝

  最近のUSAの混迷を側聞するにつけて、思い出すのは
  ノートン皇帝である。南北戦争時代にカリフォルニア サンフランシスコで出現した。
  アメリカ合衆国皇帝にしてメキシコの保護者 ノートン一世である。

  USAの問題は、選挙がメチャクチャになると、すべての統治の正統性レジチマシーがなくなってしまうということである。軍事独裁なら、まあ「勝ったから統治する文句あるか」であるから、まだないこともないのだが、「インチキで勝ったから統治」じゃ、ないわな。。

 この弱さがあるので、USAの一部には「正統な君主」に憧れる心情があり、そういうところから、ノートン一世を支持した人々がいたのではないかと感じている。単なるアメリカン・ジョークだけなら、リンカーン大統領まで手紙は出さないだろう。


posted by 山科玲児 at 11:16| Comment(0) | 日記

アレクシアス

アレクシアス.JPG

二十世紀末〜二十一世紀になって、ギリシャ・ローマ古典の紹介ではなく、大規模な日本語翻訳事業が、とくに京大出版界の事業としておこなわれたのは喜ばしい、その余徳にあずかってアテナイオス「食卓の賢人たち」
の全訳を購入することができた。


最近、ビザンチンの女流歴史家:アンナ コムニア の主著、「アレクシアス」の翻訳まででた。
アレクシアス    2019/12/7
アンナ コムニニ
https://honto.jp/netstore/pd-book_29954310.html

 父親である帝の伝記である。これこそ、まさにビザンチン人自身がビザンチンの歴史を語っているわけであるから、彼らの偏見や先入観も含めて、ビザンチンの世界に直に触れる感じがあるだろう。

こういう古典について、従来は西欧の優れた歴史家の眼・フィルターを通して間接的に接していたわけであるから、翻訳家のフィルターはあるにせよ、より直接的であることは疑いない。

posted by 山科玲児 at 10:21| Comment(0) | 日記

2P→3P変換アダプタ

2P3Pアダプタ  サンワss.jpg

PCの接地・アース線の設置がどうも煩雑でよろしくないので、


を買って、接地・アースをUPSに一本化した。
アース線がコンセントから横にちょこっと出ている仕様は、使いにくいことが多い。
一般のテーブルタップにはアース線を接続できるアース端子なんかないしね。

サンワサプライのものは、やや高いけれど、まあ2,3個しか使わないものだから、まあいいか。意外なことに類似商品が少ない。。
ただ、パナソニックで、もっと安いものもあった。形状からいうとコンセントの間隔が狭いと隣りとぶつかるかもしれない。


posted by 山科玲児 at 07:23| Comment(0) | 日記

2021年01月29日

逃げ上手の若君 と 神人

春日権現験記 vol2.JPG
  北条時行が主人公のジャンプマンガ『逃げ上手の若君』(松井優征作品)では、後醍醐天皇が、きっと、6(シックス)【魔人探偵脳噛ネウロのラスボス】のようなキャラクターで出るのではないかと、期待している。
  花山院、白河院、後白河など、スキャンダラスで邪悪とさえいえるような天皇も少なくないのだから、天皇本人のそういう描写は問題ないだろうが、少し後の南北朝対立、正統争いは、ちょっと現皇室の正統性に影響があるので回避したほうがいいだろう。そういや一休禅師は後小松天皇の御落胤という話があったね。
  この時代の武装や服装は多数の絵巻物が残っているので考証に不自由はないと思う。その点では、平安時代とは違う。上イメージは春日権現験記(1310年代)の一部、宇治栗駒山における興福寺衆徒と朝廷の軍勢の戦い、の一部分 。

 ところで、北条時行の保護者の諏訪頼重が、信州諏訪の神官というふれこみだ。これで、中世の歴史を読むと必ず出てきて、現在ではなじみが薄い「  神人(じにん)」という階級/集団を思い出した。僧兵は有名だが、こちらはあまり有名ではない。神社のもとでいろんな業務をする人々なんだが、商業に関わって巨富をえたり、護衛のため武装するので武士集団になったりした。奈良では武士集団がまとめて神社の庇護に入ったりして、武士集団とかわりない状態になったようだ。寺院も神社も封建諸侯のような活動をしている。
 西欧でも修道院が武装していて、修道院というより堅固な山城のような建築が少なくないこと、司教領、修道院領が少なくなかったことを考えると、治安が崩壊した世界では、宗教施設を中心にして武装して生命財産を守るというシステムは、東西ともにかわらないようだ。

posted by 山科玲児 at 09:20| Comment(0) | 日記

温泉銘と米元章

温泉銘detail.jpgniji mifu.jpg


で、
パリのBiblioteque Nationale の  唐  太宗皇帝の温泉銘  拓本を紹介したが、
https://gallica.bnf.fr/ark:/12148/btv1b8303120v/f1.item

この素晴らしい画像をつらつらみていたら、あることに気がついた。

米元章(米フツ)の書法のルーツは温泉銘じゃないのか??

上イメージで「虹」の字など、そうとう似てる。拓本は温泉銘、墨跡は米元章(米フツ)虹県詩巻(東京国立博物館)
https://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0099102

温泉銘自体じゃなくても、太宗皇帝の他の行草書を模範/ルーツにしているのが、米書ではなかろうか? 北宋末の宣和書譜には唐太宗皇帝の墨跡が十四種記載され、行草書もある。
米元章(米フツ)の書法は、個性的ですぐわかるし、後世、米元章(米フツ)に影響を受けた人々の書もすぐわかる特色がある。では米は独自に発明したのか?それともなんらかの模範があったのか?ということについては、米自身が書いた文章をもとに、王羲之だ王献之だ晋人だという論説が多い。しかし、ちょっとピンとこないところがあった。
  ここに、実物で比較対照すると、唐太宗皇帝の周囲の書からの影響が強そうである。面白いことに米の著作・記述には唐太宗のことは触れていないようだ(未だ精査してないが)。個性的な天才芸術家というものは、自分が最も影響を受けた人や作品を隠すものだ、とどこかできいたことがある。
  では、太宗はどこから学んだのだろうか? 文献によると、虞世南を先生にしたそうだ。その虞世南の積時帖が、「太宗の書と似てる」と述べたのは、故:伏見冲敬氏であった。この積時帖と温泉銘は確かに似ている(下イメージ  左 虞世南  右  温泉銘から2字あつめた)。積時帖は米元章の臨書だといわれたこともあったが、どうもそれは反対で、
虞世南 → 唐太宗  →米元章

という系譜からくるものだったようだ。

積時帖 積時.jpg

posted by 山科玲児 at 07:31| Comment(0) | 日記

2021年01月28日

セブンイレブン オリジナルブランド商品

蒙古タンメン.JPG蒙古タンメン中本 汁なし.JPG

 セブンイレブンに最近いくと、どうもオリジナルブランド商品が多すぎるように思う。
 このオリジナルブランドでは、イオンが米で、とんでもないスキャンダルを起こしたあげく責任逃れをやって以来、必ずしも印象はよくない、ということをセブンイレブン経営者達は知っているのだろうか?

 ただ、蒙古タンメン中本 と提携した企画だけは、成功しているようだ。 冷凍でだした「汁なし麻辛麺」もけっこう良い。
  蒙古タンメン中本辛旨味噌に対抗してファミマが出したものも食べてみたが、youtubeのチョウチン動画とは違って、どうも感心しなかった。そして、また蒙古タンメン中本辛旨味噌を二個買ってきたのだった。

  こういう真面目な企画商品は、歓迎なんだが、それ以外のセブンイレブンブランド商品には、あまり好意はもてない。
posted by 山科玲児 at 10:14| Comment(0) | 日記

ワクチン

ワクチンについてのいろんなYOUTUBE動画なんか視聴すると、
どうしても接種しなくてはいけないのなら、英国アストラゼネカ  のものが、まだましのように思う。最近のバイオ科学の進歩には無知なので、あまりはっきりとしたことはいえないが、なんとなくそう感じているという程度の話だ。

  なぜなら、これは、風邪のウイルス(アデノウイルス)にコロナの遺伝子の一部を組み込んだもので害が小さいものを接種するというシステムだからだ。
  人間の免疫システムは、もともと、こういうウイルスや細菌などに対抗して抗体を作り出すようにできているのだから、わりと自然である。
  その一方、ファイザーやモデルナのものは、メッセンジャーRNAを使うというもので、かなり乱暴というか人工的な感じがする。
 英国アストロゼネカのワクチンは効果はそれほどよくないというが、インフルエンザ・ワクチンの効果もそんなものだし、あまり効果が高いものは、あとが怖ろしいように感じている。
 日本国内でも開発が急がれているようなので、無闇に焦ることはないと当方は感じている。


posted by 山科玲児 at 09:02| Comment(0) | 日記

2021年01月27日

北条時行

  週刊少年ジャンプで、松井優征の、北条時行を主人公にした連載が始まった。北条時行が鎌倉を奪回するのは十歳のころである。支える武将たちがいるとはいえ異常に若い。このへんが、ジャンプ編集が目をつけたところかもしれない。最後があいまいで行方不明という説があることがかえってヒーローとしては使い易いのだろう。

 この時代に活躍した人の若いことは、異常なくらいである。
  例えば、後醍醐天皇の皇子護良親王は、22.3歳で戦場に出、26歳で足利に牢にいれられ 27歳で殺されている。
  北畠親房の伝記を読んでいたとき、息子の顕家の貴族とは思えぬ獅子奮迅の活躍、それも15歳で東北地方まで遠征しての活躍に驚いたものだが、この北畠顕家、戦死したのが30歳である。
 いくら平均寿命が短い、早熟が普通の、戦乱の時代といっても、一流の公家の子弟が、十代で戦争のただ中に飛び込み、二十代で戦死とはなんとも悲惨な血なまぐさい時代であることか。
  なんとなく、この血生臭さは、戦国時代より南北朝時代のほうがひどい感じがしている。
  同時代人として楠木正成、吉田兼好、後醍醐天皇などのビッグネームが揃うので、どう描かれるかは興味深い。後醍醐天皇は右の手に剣、左に法華経をもって埋葬されたという。
  また、この時代の場合、南北朝天皇の正統論争がどうしてもでてくるので、ジャンプ編集部は上手く回避して連載打ち切りにならないようにして欲しい。
posted by 山科玲児 at 08:53| Comment(0) | 日記