2021年03月04日

中国からもみられている

ヤフオクや東京中央オークションなんかが、中国のサイトで転載報道されて、代理人が落札していることは、よく知られているが、
どうも、もっと有名でないオークションもまた、結構、観察されているようだ。

中国のオークション情報サイトに、
京都の祇園会の今年4月9日のオークション出品商品まででていたのには、驚いた。
この祇園会は、京都恒社古美術株式会社が主催しているオークションのようである。

posted by 山科玲児 at 10:15| Comment(0) | 日記

蘇東坡の寒食帖 と嘉禾八景の精細画像

2015年06月01日重美の流出
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/136387986.html
で、言及した、
嘉禾八景
のリンクが切れていたので、再度探していたら、素敵なURLをみつけました。

天保九如:九十年來新摯カ物選粹_書畫
https://theme.npm.edu.tw/exh104/90Collecting/ch/page-3.html#main

ここでは、蘇東坡の寒食帖の精細アップ画像と、嘉禾八景の精細アップ画像が楽しめます。朱熹のあれは、まあ関心ないので、、


嘉禾八景のダイレクトリンク(下)もありますが、上のほうがお徳用::
https://theme.npm.edu.tw/exh104/90collecting/jp/selectionZoom/img2_1.html
posted by 山科玲児 at 09:05| Comment(0) | 日記

来禽館十七帖 原石

十七帖 來禽館1.JPG

  この来禽館本十七帖の原石は、後半がかなり断裂など損傷があるとはいえ、
山東省徳州市臨邑県 邢侗(けいとう)記念館 に、最後の勅字、その後の数種の宋人跋も含めて現存しているようである。去年、後半は失われたのかも、
  2020年02月16日 後半は補刻だった
   http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187165496.html
と、書いたものだったが、間違いだった。

原石写真を中国のサイト(臨邑県 記念館のサイト)でみた。ただし、中国のサイトにはアクセスの危険もあるだろうから。URLは呈示しない。自己責任で検索してください。原石写真には写真著作権があるから、当然ながらこのブログで公開することはない。
 ただ、この十七帖で日本に入っているもののなかには、後半を似ても似つかない他の拓で補ったものもあるようだ。


タグ:十七帖
posted by 山科玲児 at 05:37| Comment(0) | 日記