2021年03月06日

松井如流旧蔵拓本



2021年03月05日 曹望ニ造像の模刻は東京にもあった
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/188458226.html

で、書いたように、かなりの数の松井如流先生旧蔵拓本が成田山書道博物館に入っていますので、成田山書道博物館のサイトで紹介されています。
松井如流とそのコレクション
https://www.naritashodo.jp/?p=8057
https://www.naritashodo.jp/?p=8015
https://www.naritashodo.jp/?p=7994

こうしてみると、二玄社の書跡名品叢刊に、入っているものが多い。そういう意味では日本における各拓本・碑のイメージの範例をつくっているものだともいえます。また、この鄭羲下碑の表紙  題簽なんかは、初めてみるような気もします。
posted by 山科玲児 at 06:24| Comment(2) | 日記