2021年03月19日

ディジョンとミイラ肖像画のギャラリー


Fayum portrait  Dijon Pre.jpg



私が観た最初のミイラ肖像画は、フランス、ディジョン美術館の古代展示、洞窟のような石の壁にかかっていた少年像でした
Musee des  Beau Arts Dijon
https://beaux-arts.dijon.fr/antiquites

この肖像画は、ルーブルで実見した"L'Européenne" -「ルーブルの美少女」と同じ出所であり、同じ画家ではないかと推定されていました。絵葉書売ってなかったので、記憶しかないのですが、どうも最近  修復したらしく、顔や首から下がかなり違う印象になっています。
このサイトに新旧の比較があげてあります。

また、写真が左右反対に裏焼きしてしまった画像もあるようですね。少なくとも古い写真は上のようなイメージなんですけど。。

このファイユームの肖像画群は、現在ではWikimediaで多量にカラーで観ることができます。
Fayum mummy portraits‎
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Fayum_mummy_portraits

1973年に故:岩山三郎神戸大学教授が本を出したときとは隔世の感があります。それでも、この本は当時の限られた資料を駆使した優れた本だと思いますよ。
岩山三郎(1920年10月8日-1996年5月24日),『古代の没落と美術 ミイラ肖像画とその時代』(美術選書)美術出版社 1973
posted by 山科玲児 at 08:07| Comment(0) | 日記

仙台 COVID19 急増

仙台で  コロナ COVID19 陽性者が急増している。

宮城県の公式サイト情報::どうみても第四波  しかもかなりマズイ

人口あたりの新規感染者は東京より多い。

宮城県と仙台市で独自に緊急事態宣言だした。

なぜか、ネットニュースでも表示順が低いのは、オリンピック利権の広告代理店やマスコミの言論統制ではないかと思われ。
posted by 山科玲児 at 06:12| Comment(0) | 日記