2021年05月13日

覆される常識、日本美術の「独自性」は縮小していた へのコメント

カラヴァッジョの研究で有名な宮下 規久朗氏が日本と中国、朝鮮古美術について書かれた2019年 の記事があります。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56932
 2019.7.8(月)宮下 規久朗

が大本でしょうが、
覆される常識、日本美術の「独自性」は縮小していた
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5611051
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5633106
のほうが多く読むことができます。

   これについての、当方のコメントに 最近、TWITTERで、レスしていただいたことがありました。
  宮下氏の記事への当方の コメントは
  2019年07月12日「唐宋美術」は古い
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186263388.html

  2019年07月16日 JBPRESSの宮下規久朗氏記事へのコメント
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186279617.html
  に
 少し、書いておきました。
  編集の意図が入るのでどうしても、本来の宮下氏の論・意見・持論が曲げられ歪められた可能性も高いのですが、一応、表にでた文章について批評しました。
posted by 山科玲児 at 08:15| Comment(0) | 日記

バサバサ

このカーネギー美術館のYOUTUBE動画
(1) Behind the Scenes: The Restoration of Isabella de' Medici - YouTube
の面白いとこは、
油絵を修復しているおばさんが、毒ガスマスクみたいなのをつけて、無闇にバサバサと刷毛を使っていることだ。

こんなに、バサバサやっていいのかなあ、、なんか日本の感覚とは違うなあ、、
と思ったところである。

posted by 山科玲児 at 07:02| Comment(0) | 日記

ヴォイニッチ手稿




オカルト本は安い
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178502770.html
で紹介した
ヴォイニッチ写本/ヴォイニッチ手稿
であるが、

  よくまとまった紹介動画があります。
ヴォイニッチ手稿
https://www.youtube.com/watch?v=AOT-Tx8YGoA

また、エール大学図書館にある原本写真を閲覧できます。
 閲覧
https://www.archive.org/details/TheVoynichManuscript

どうもね、プラハ大学総長マルチからキルヒャーへの手紙と、このヴォイニッチ手稿が組み合わされたのが偶然というか、別々にあったものをヴォイニッチが手稿の価値をあげるためにつけた可能性があるという気もします。これは手稿本体の不思議とは別問題。。
まあ、錬金術系の写本にはこういう不思議な暗号  隠喩のものが多いので
そういう系統?かとも思いますが、解読できないというのが、百年間もいろいろな人が引きつけられた理由かな。。
posted by 山科玲児 at 04:48| Comment(0) | 日記