2021年05月19日

扇面法華経の部分拡大

扇面古写経の部分拡大をあげてみました。
扇面法華経の部分拡大 | 玲児の蔵書
https://reijibook.exblog.jp/29526607/
タグ:扇面法華経
posted by 山科玲児 at 08:00| Comment(0) | 日記

レオナルドは蜜蝋画を試みたのか?

Anghiari_Horne_Leonardo.JPG


レオナルドが、フィレンチェ政府の会議場に「アンギエリの戦い」(イメージは「アンギエリの戦い」の 準備習作素描、ブダペスト)を制作したとき、蜜蝋画で失敗したのかどうか??という問題について、

ヴァザーリのレオナルド伝をハーバート・ホーンが英訳して注釈したもの(1903)(REF)、を読んでみる。、

注釈に書いてあるところによると、
無名人の写本 Anonimo Gaddiano
https://en.wikipedia.org/wiki/Anonimo_Gaddiano
によると、
プリニウスにしたがって ストッコ壁に彩色したが、レオナルドはプリニウスをよく理解していなかった。サンタ  マリアノヴェッラの「教皇の部屋」で作業していたとき、炭火を前において熱で絵を定着させていた。一方、本番の会議室で描いたときも、炭火で熱したのだが、絵の下部は定着したが、上部は乾燥せず流れてしまった。。

という記述になっている。

  この無名の記録者がレオナルドの実験の細部をわかっていたかどうかは、はなはだ怪しいが、

・炭火で熱した
・一部が定着しなかった

この2つは確かなようである。

この熱を使うというところで、蜜蝋画だという推定がでたのだろうが、よくわからない。レオナルドも秘密の処方を公開するはずないしね。なお、制作時期は春夏だから、寒すぎるためではない。

 それにしても、110年以上前、1903年の本でも結構役にたちそうなのが、驚きだ。この件がAnonimo Gaddiano写本が典拠だということはWIKIにものっていなかった。Anonimo Gaddianoの英訳ってのは刊行されているのだろうか?? 


REF
The life of Leonardo da Vinci by  Vasari, Giorgio, 1511-1574;
translated and annotated by Horne, Herbert P. (Herbert Percy), 1864-1916,
    London, 1903
posted by 山科玲児 at 07:35| Comment(10) | 日記