2021年06月30日

大東文化大学の嵩山三ケツ銘 拓本


崇山太室 大観 a1.jpg


大東文化大学の拓本アルカイーブスに、
https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000721f
嵩山三ケツ銘   拓本冊(宇野雪村旧蔵)というのがある。ダイレクト  リンクができないので、この検索画面からたどってほしい。左下の「全部」をクリックするとすぐみつかる。
 これは、結構おもしろい。
まず、太室闕の額がかなり明瞭に読める。近拓 書跡名品叢刊の影印でも茫漠としてとらえがたいものだ。宋拓本というふれこみの、台湾の「大観」にのった古拓本カラー図版(イメージは縮小したもの)と同じくらい明瞭だ。

大きいイメージは、嵩山太室石闕銘 「大観」掲載
https://reijibook.exblog.jp/29577591/

また、太室の銘文も読みやすい。そういう傾向は他の部分にもいえる。ただ、これは、補墨によって、字画をより明瞭にしたもので、本来の石肌とは違うかもしれない、ただ前半の小字の部分は忠実な拓本だと読解も臨書も困難であるから、そういう意味ではよいものかもしれない。
posted by 山科玲児 at 09:56| Comment(0) | 日記

平安時代の基幹産業  続

神護寺  山水屏風 部分l2.JPG

少年ジャンプの逃げ上手の若君の解説(本郷和人)

「平安時代や鎌倉時代前期までは、少し手を加えればいい耕地になる土地がまだあった。」
という文章がある。
これは鎌倉後期以降にそれがなくなるという記述であるが、逆に平安時代は新田新畑開発で高度成長していた、ということになる。

2018年11月22日 平安時代の基幹産業
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/185021726.html

で述べたように。
平安時代の農業の中心は、企業活動だった。自給自足的な小農家ももちろんあっただろうが、基本は下級貴族などが経営する企業が大規模農地を請け負うのである。
 こういう、企業としての農業は、やはり農業自体のパイがどんどん成長しているときでないと成立しにくいだろう。
 「寒冷化」と「土地開発のいきづまり」が古代資本主義を破綻させたのではなかろうか?
そして、「寒冷化」がモンゴルの南下のきっかけであったという説もきいている。これが元寇へつながっていく。

イメージは神護寺山水屏風の部分拡大
posted by 山科玲児 at 06:35| Comment(0) | 日記

2021年06月29日

イタリア人による音楽史

西洋音楽の歴史.jpg


 西洋音楽の歴史 2
 http://www.c-light.co.jp/contents/books/978-4903439082.html
 西洋音楽の歴史 1
 http://www.c-light.co.jp/contents/books/978-4903439068.html
イタリア人による音楽史で、イタリアの音楽院で使われている教科書みたいです。

 かなり個性的ですねえ。ハインリヒ・シュッツなんか、ガブリエリやモンテヴェルディの弟子・亜流・パクリ野郎という扱いです。ドイツ人なら激怒しそうなあつかいだな。オルガン音楽でもフレスコバルディを長々分析していて、それはありがたいんだが、スウェーリンクからの影響は無視。ルネサンス時代でもスペインのゲレーロ、モラレス、ヴィクトリアは無視、なぜかゴンベール、ピエール・ドラリューも無い。 清々しいくらいのイタリア命の本ですね。

  しかし、従来の音楽史がドイツ人 クルト・ザックス、ダールハウス、フリードリッヒ・ブリューメや米国のドイツ系学者  レオ・シュラーデによって 枠が 作られてきたので、ドイツを不当にもちあげる偏見があるのは確かでしょう。従って、こういう逆の方向からの論説も面白いものだと思います。
posted by 山科玲児 at 08:48| Comment(0) | 日記

2021年06月28日

蔡英文、銅羅湾書店を訪ねる



2020年01月12日 銅羅湾書店は台北で
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187024886.html

を書いたが、開店した銅鑼湾書店に蔡英文総統が訪問したようで、動画もあるようである。

蔡英文訪台北銅鑼灣書店 強調支持港人爭取自由-20200529-TVB News - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6_3fkbhnJrU

これは、2020年1月選挙での再選後であって、再選前の選挙運動ではない。

新光三越デパートのむかい、中山區南京西路5-1號10樓 「10樓」というのは日本と同じ10階という意味。欧州の場合、日本の2階が1st floor(USAは日本と同じく1階)になるが、台湾の場合は、日本と同じ数え方である。香港もそうのようだ。

この銅鑼湾書店関係者連続失踪 拉致拘束の暗黒を当初にレポートした福島香織氏の記事::
香港銅鑼湾書店「失踪事件」の暗澹 (日経ビジネス 2016年1月13日)
https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/218009/011100027/

しかし、この林氏は活動家というよりほんとに本が好きで書店経営を天職と思っている人なんだなあ、、と感じるところです。蔡英文総統への要望としては、香港からの逃亡者が台湾での滞在ビザ期間を長くしてほしい、という切実な問題を言っていたようです。



posted by 山科玲児 at 06:07| Comment(0) | 日記

台山原発と鰻

いろいろ危惧されているマカオの西、広東省の台山原発ですが、
ここ台山市には世界最大の鰻養殖場があり、大半は日本に輸出されているそうです。

原発ウナギですね。。

posted by 山科玲児 at 04:50| Comment(0) | 日記

2021年06月27日

魯迅与北京風土

魯迅与北京風土.JPG

魯迅与北京風土 初版本  書影を出しておきます。なぜか、検索してもでてこないので。
https://reijibook.exblog.jp/29574533/
タグ:北京 魯迅
posted by 山科玲児 at 18:27| Comment(0) | 日記

亀の子スポンジ

亀の子スポンジ.JPG



長崎のココウォーク の店で買った 亀の子スポンジですが、スポンジの形が崩れるまで、充分使えました。
価格はやや高いのですが、これは買いでした。新たに2個買いました。


亀の子スポンジ  公式サイト
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/lineup/kamenoko-sponge
posted by 山科玲児 at 10:27| Comment(0) | 日記

暴君の治下の臣民は、おおむね暴君よりもさらに暴である


 最近の中華人民共和国 報道官や外交官のヤクザまがいの恫喝・嘘・脅迫を聞くにつけて、魯迅の101年前の文章を思い出さざるをえない。


>暴君の治下の臣民は、おおむね暴君よりもさらに暴である。暴君の暴政は、しばしば暴君治下の臣民の欲望を満たすことはできない。

魯迅  随感録65 雑誌「新青年」に1919年に掲載、ref


  魯迅のこの文章は、まず
>以前清朝の重大犯罪事件の記録をいくつか見たことがあある。その記録によると、「臣下」が極刑の宣告をくだし、それを「聖上」が減刑しているのが通例である

と、始まる。

 魯迅日記を丹念に読んで魯迅の北京での生活を通して当時の北京を活写した「魯迅与北京風土」を読んでも解るのだが、魯迅は半分以上は、清朝の文人知識人である。そしてとんでもないリアリストなので、中国文化の底そのものをえぐりだすようような優れた文章が多い。


ref  魯迅評論集、竹内好  編集翻訳、岩波文庫
posted by 山科玲児 at 07:41| Comment(0) | 日記

2021年06月26日

夜のデュエット

Durante Duetti Concert Vocale.JPG


前、朝向きの曲というのを紹介しましたので、
こんどは、なんか夜の徒然向きの曲::

ナポリの作曲家Francesco Durante(1684-1755)の二重唱曲集です。
このコンチェルト・ヴォーカーレのCDは稀覯になってしまいましたが、
MP3でも欲しいですね。
  ナポリの音楽としては、TACTUSのCDの方が劇的でいいかもしれませんが、夜聴く分にはこのフランス的で端正な、声ののびの良い演奏のほうが良いと思います。
ただ、どうもこれのYoutube動画ないみたいなんで、しょうがないので、TACTUSの方を紹介


posted by 山科玲児 at 20:16| Comment(0) | 日記

晋唐小楷 残念ニュース

先日、翁萬戈氏の訃報を書いた。
その翁萬戈 旧蔵でメトロポリタンに入った小楷冊

翁同和旧蔵 晋唐小楷帖
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/41477

は、伊藤滋さんの詳細な分析によると、停雲館法帖の第一巻を改造して古くみせかけたものが多いらしい。
http://www.gei-shin.co.jp/sumi/sumi263.html

楽毅論なんか、別本が少ないので、翁本は、当方は実は古い別本なんじゃないかと期待していたんだが、伊藤さんの明晰な分析で、見事にノックアウトされてしまい、残念無念だった。。ここで興味深いのはメトロポリタンの解説で、17世紀? となっていることである。これは既に伊藤氏の見解を織り込んでいるのか?それとも全体の製本が17cということなのか?はよくわからない。

この分野では、
2021年06月24日 2セットあった
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/188785414.html

に書いたように、越州石氏本が台北  國立故宮博物院にもみつかったのは朗報だったが、メトロポリタンのほうは、残念ニュースだったようだ。
タグ:中国書道史
posted by 山科玲児 at 08:08| Comment(0) | 日記