2021年06月09日

ジョスカンの本名


優れた動画:
【決定版 クラシック音楽史】@中世・ルネサンス編 西洋音楽の始まり
https://youtu.be/pHejYIsg-wU
でも推薦されていた,
ルネサンス音楽の代表者:ジョスカン・デプレの本名がJosquin Lebloitte であるということは、2000年ごろに、知られるようになった。しかし、一種の渾名である「デプレ」はジョスカンの父親も使っていたようだし、ジョスカン自身も使っていたようなので、特に変えなくてもよいと思う。パルミジャニーノやポントルモ、ボッティチェッリも渾名だが、ずっと通用しているようなものだと思っている。
なお、
日本語Wikipediaのジョスカンの項目は、その文章のなかですら、矛盾がありそうな、読みにくい文章なので、校正が必要だと思っている。
posted by 山科玲児 at 08:45| Comment(0) | 日記