2021年06月25日

ワクチンについての私見

コロナの新型や、別ウイルスがでないという前提で、、そうなれば勿論、議論の前提が崩れるわけですからね。

最近、色々な人々や身近な人々の経験
さらに統計的リスクを考えると、日本人の場合、現時点では、

八〇歳以上:接種したほうがいい
七〇歳以上:まあ接種したほうがいい
六〇歳以上:どうかな、でもコロナに晒されやすい立場、職業の人は接種したほうがいい
二〇歳〜六〇歳:コロナに晒されやすい立場、職業の人だけは考えたほうがいい。他は好みやリスクを考えて
二〇歳以下:やらないほうがいい(特殊な体質・持病の人を除く)。論外(特殊な体質・持病の人を除く)。最近はWHOもそういう意見を発表してます。
ただし、これは、
・ワクチンのテストは19歳以上でしか確かめられていない
・子供は症状が軽いので、大人を優先すべき、
という主張のようですね。WHOの反対が正しそうなので、当方ちょっと不安になってます。

狂犬病のワクチンは、狂犬病が蔓延している国・地域に行くときは接種するべきです。それと同じように、ケースバイケースで判断すべきものだと思っています。


posted by 山科玲児 at 12:11| Comment(0) | 日記

また食べました

台湾パイン2.JPG

長崎駅前  西友  で買った台湾パインアップルです。
かなりあっさりめでした。

posted by 山科玲児 at 11:28| Comment(0) | 日記

バッハが試奏受け入れ検査したオルガン




1746年に、ヨハン・セバスチャン・バッハがゴッドフリート・ジルバーマンとともに検収検査し、試奏し、バッハの弟子アルトニル

ヨハン・クリストフ・アルトニコル - Johann Christoph Altnickol (1720-1759)

がオルガニストになったドイツ南部  ザール ナウブルグのオルガンというのがあります。

このオルガンを有名なオランダのオルガニスト:トン・コープマンが訪れて解説するという動画がありました。

Ton Koopman on the Hildebrandt organ in Naumburg | Netherlands Bach Society - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0ABXN0zwb9U

なかなか興味深いものだと思います。

このオルガンのデータは、
PIPE ORGANS: 1746 Hildebrandt organ, Naumburg St.Wenzel
http://mypipeorganhobby.blogspot.com/2009/10/1746-hildebrandt-organ-naumburg.html

このオルガンの音色は、個性的というより、中立的な感じですね。また北ドイツというより、フランスのバロックオルガンに近い気もします。

 ここまで由緒のあるオルガンなのにあまりレコーディングがないのは不思議ですが、シュニットガーとかジルバーマンとかいう有名オルガン制作者ではないこと、東ドイツだったこと、音色がやや優等生すぎて個性に乏しい感じがすること、コープマンにいわせればペダルが広すぎて脚がたいへんなこと、が原因かもしれません。

 フーガの技法をこれで演奏した人がいるようですが、割と相性が良いようですね。
J.S.Bach: "The Art of Fugue" at Naumburg by Samuel Kummer; complete album trailer, english subtitles
https://www.youtube.com/watch?v=hqh6VpbVOMo
 また、ナクソスで  エリザベス・ウルマンがいくらか録音してるみたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=Mn3YhZ4doWE&list=OLAK5uy_kGZ2ffqwCYAPBMUjc6-Kv-I8jzPV2zXSA
posted by 山科玲児 at 06:02| Comment(0) | 日記

台湾へのワクチン  フェイクニュース



先日 指摘した甘粕代三の工作活動に対して、ちゃんとした指摘があったようです。しかし、東洋経済さんは
改心したのかな。前、甘粕代三の寄稿も掲載してたよね。

「台湾に送ったワクチンで大量死」報道の真相
台湾に関するフェイクニュースの見分け方と台湾理解
https://toyokeizai.net/articles/-/436201

しかしさ「甘粕代三」という名前が「信用ゼロになり」使えなくなったら、他の筆名で活躍されるかもしれませんね。

posted by 山科玲児 at 04:54| Comment(0) | 日記