2021年07月03日

脳と食欲

暑くて、頭がロクに働かなくなっているせいか、それほどの食欲はない。
ちょっと前、論文仕上げていたときは、なぜかお腹が空いてしまい、過剰なくらい
連続して食べた。

どうも、これは、脳がブドウ糖を多量消費して、おそらく脳内の血中のブドウ糖濃度が下がるためらしい。別に胃や腸に食べ物があるかないかとは関係ないようである。

松井優征のマンガの登場人物には、桂木弥子(魔人探偵 脳噛みネウロ)、吹雪(逃げ上手の若君)など、そういう傾向のあるキャラクターがでてくるので、マンガ家本人か友人などに、似た性癖の人がいるのだろう。



posted by 山科玲児 at 17:41| Comment(0) | 日記

法隆寺釈迦三尊像光背銘

最新号 芸術新潮
https://www.shinchosha.co.jp/geishin/
【1400年遠忌記念大特集】
聖徳太子 日本一有名な皇子のものがたり
聖徳太子  特集  ですが、

   法隆寺釈迦三尊像光背銘のカラー写真があり、今までで観た写真のうち
一番良いように思えます。これでみると、行書のような筆致が窺われる名筆ですね。

posted by 山科玲児 at 07:20| Comment(0) | 日記

習近平は雨に祟られた

いわゆる「中国共産党建党100周年  式典」が北京 天安門広場で7月1日に実施されたが、
あまり詳報がネットに出てない。削除されたものもあり、不気味だ。

なんといっても不吉だったのは習近平主席の1時間以上の演説の途中で雨が降り出したことだ。
天安門広場につめた人々はビニールコートなどを使っていたようだ。

西日本新聞>直後、雨が降り始め、やがて雷が鳴った。当局が配布した雨具を参加者が一斉に着込む。雨がやみかけると「雨具を脱いで」とスタッフが指示して回った。

北京オリンピックの開会式のときは、無理に晴にするための天候操作(近くの雨雲に早めに人工降雨やって北京では雨にならないようにする)までやった。なのに、今回のハレの舞台なのに、やらなかったとは不思議だ。
ただ、雨具を配布していたんだから、雨になることは予想していたようである。


posted by 山科玲児 at 06:00| Comment(0) | 日記