2021年07月08日

無観客

東京オリンピックで、無観客が検討されているようだ。
::
本来の古代ギリシャのオリンピック競技の本義に近いんじゃないの。。
という気もする。
オリンピアやデルフォイの競技場のつくりからいって、観客はいたとは思うけれど選手:観客の比は現在よりずっと小さかっただろう。

また、現在のIOCの主要収入源はチケット売り上げではない。
テレビ放映権料金が7割を占める。それに協賛企業の寄付である。協賛企業には、当然 多量の招待券がばらまかれる。観客の何割が招待客・招待券客なのかはわからないが、少なくはない。これについては払い戻しはないだろうから、損失は少ない。

したがって、IOCとしても、
無観客開催>>> 中止
である。
posted by 山科玲児 at 15:44| Comment(0) | 日記

大阪中之島美術館

アルチンボルド 大阪.JPG

大阪が西洋美術館つくろうとして、長年 収集をしていたことは、側聞した。
その一端を
アルチンボルド展で、展覧された上イメージの絵を実見した。

アルチンボルド《ソムリエ(​ウェイター)》 1574年 油彩/カンヴァス 大阪新美術館建設準備室蔵.、である。

2017年06月28日 アルチンボルド展 その2
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/180182678.html
で、下記のメモを書きました::
>過剰な修理を感じるのが大阪のソムリエY.08です。特に紙のところ、文字などは真新しい。一方全体の構成や器物についてはオリジナルを残しているようですね。

どうも、中之島に建てて来年から開館するつもりのようだ。
大阪中之島美術館
https://nakka-art.jp/
https://nakka-art.jp/exhibition-post/hello-super-collection/
チラシにアルチンボルドがなかったのは残念だ。マグリットの作品は、おもしろいと思った。
他の19世紀絵画がおもしろいかというと、どうなのかなあ、名前だけで収集したものがありそうな感じもする。
posted by 山科玲児 at 07:44| Comment(0) | 日記