2021年07月20日

コロナ治療薬というより新療法



  武漢コロナの治療法・予防法として、一酸化窒素吸入がクローズアップされているようだ。
  ただ、これは軽症者むけ、または予防用であり、酸素マスクがいるような重症者には使えないそうだ。
COVID-19の治療に一酸化窒素の鼻スプレイ
http://blog.knak.jp/2021/01/covid-19-9.html

 カナダの会社 SaNOtize Research and Development Corp.が、適切に鼻にスプレーできるアイテムを開発し、イスラエルでは承認販売されているという。
なんでイスラエルなのかなあ、と思ったら、カナダ系イスラエル人が設立者の一人であるせいらしい。
カナダなどでは治験が行われているようだ。
より良い結果がでることを期待したい。ただ、これは新薬発明ではなく、新療法なので、報道が誤っていることが多い。
一酸化窒素吸入そのものは昔からある治療法の一つであり、一酸化窒素自身は太陽系ができる前からある化合物なのだから。ただ、医学は実学であり、結果が良ければ良い。古い治療法の焼き直しでもなんでも、治れば大発見だといえる。

posted by 山科玲児 at 07:11| Comment(0) | 日記

読売のフェイクニュース



昨日、
>読売のナベツネも闇で蠢動してるみたいだしね。
と書いたのは、この件であった。

読売新聞19日:日韓首脳、23日に初の対面会談…「外交官としてあるまじき発言」の駐韓公使は更迭へ  

一応、新聞としては日本最大部数の読売がこのテイタラク、完全にプロパガンタ煽動フェイクニュースに腐敗堕落していて、何の価値もない。やはりナベツネ独裁の弊害がひどいのだろうか?

TBSも似たようなの出してたな。
まあ、TBSなんて昔から北朝鮮の工作機関・オウム真理教事件の共犯という犯罪的テロ組織だから、信じる方が馬鹿なんだが、読売までコレかよ。。



posted by 山科玲児 at 05:20| Comment(0) | 日記