2021年07月26日

粘葉本和漢朗詠集

粘葉本朗詠ss.jpg


粘葉本和漢朗詠集が、通期で展示公開されるようである。
これは、明治大正時代から、とても有名で、漢字仮名交じりの書法の調和体の原形にもなった名跡である。現在も複製本などを使って、集字手本になっている。

しかし、実は当方は、何度か実物拝見してはいるが、必ずしも魅力的だと感じていない。
どうしてかなあ、と疑問に思っている。

posted by 山科玲児 at 07:58| Comment(0) | 日記

中国メディアが核攻撃恫喝

日本が台湾有事に介入したら核攻撃、中国で拡散した動画の危険度

日本国内メディアがひた隠しにしている、中国メディアの報道である。
 なお、習近平の悪口を言った個人SNS投稿者は数時間後に拘束され、廃人となって帰ってきた。そういう中国だから、この報道は、中国共産党宣伝部・公安が許容している主張である。

これは、逆に言えば、通常兵器戦争なら、現在の自衛隊+米軍相手でも、人民解放軍は必ず負けるということでもある。

こんな危険な恫喝をやる相手と交渉して利益を得ようとしている日本の国内のNHKを初めとするメディア、親中政治家・企業・団体は、滅ぼさないととんでもないことになる。

posted by 山科玲児 at 07:35| Comment(0) | 日記