2021年09月20日

高市早苗 蔡英文と会談

高市早苗議員は、蔡英文総統とWEB会談したそうだ。
これは、素晴らしい。確かにまだ、ただの国会議員だもんね。
ただ、通訳を介してというところが気になる。
英語で話していいのではないか??

台湾民進党蔡英文主席とWeb会談

蔡英文総統からも確認 がありましたので、まちがいないものだと判断します。


posted by 山科玲児 at 18:14| Comment(0) | 日記

非ネットOS待望論



  Windowsのウザイ更新や、ネットこしのサイバー攻撃を考えていたら、
 ネットワーク機能のないOSの需要はあるのではないか??と思っている。
 そしてアプリもできるだけネットを使わないでスタンダローンで使えるようにしてほしい。
 コンピューターを使うときに、そのパワーの大部分は、実際はスタンダローン機能だけ使うことのほうが多いでしょう。
 昔のように一つのコンピュータに全てをやらせるのは、高価だったためで、今は2台も3台ももつ人もいるし、  スマホにネット機能はおまかせしてもいい状況だろう。

  軍事や政府、機密をあつかう会社の部門などで、必ずしもインターネットにつなげなければならないわけでもないサーバーをわざわざ危険を冒してネット機能を残しているというのもどうかと思う。
posted by 山科玲児 at 15:41| Comment(0) | 日記

小楷の影印

12 detail on2.jpg

小楷は独立して小楷の法帖として影印されるときでも、なかなか良い影印は難しい。やはり原寸と拡大の両方がほしいところだ。ところが、唐人十二月朋友相聞書や萩原寺の急就章のようにやや大きな字の釈文としてつけられているときは、影印が絶望的になることが多い。精度を大きな字のほうにあわせるので小楷のほうが粗雑になってしまうのだ。上イメージは、唐人十二月朋友相聞書の同じ文字を、小さな画像を拡大して粗悪になった写真画像と2P分だけあった精緻な図版からとった写真画像で比べてみた。

 ひどいときには、小楷を全部省略して影印することも少なくはない。

  そのような冷遇にあっている小楷であるが、みなおせば、意外な発見があることもある。
唐人十二月朋友相聞書の小楷は興味深いものだし、南宋刻の 洛神十三行や賈刻宣示表のように、近年、宋刻の原石が発見されているものもある。
posted by 山科玲児 at 06:47| Comment(0) | 日記