2021年09月26日

ハーバート・ホーンの手紙

Museo Horne Firenze.JPG
フィレンチェ HORNE MUSEUMのチケット

ハーバート・ホーンHERBERT PERCY HORNE(1864-1916)
のRoger Fryへの手紙を最近また読んでいる。
ただ、英語力のせいか、ときどきつまづいてしまうので、楽々翻訳ということはできない。
いまのとこ一通しか翻訳してないしね。。https://reijibook.exblog.jp/29613675/

ホーンの手紙の原物の写真があるようだ、フライへの手紙じゃなく、米国フィラデルフィアの
ジョンソン博士への手紙が、フィラデルフィア美術館のサイトで画像公開してあった。
でも、読みにくいな。活字化してもらわないと。

一九〇七年の手紙
https://archives.philamuseum.org/jgj/JGJ_B004_F013_008
posted by 山科玲児 at 09:12| Comment(0) | 日記

日台コネクション



高市早苗・蔡英文総統とのネット会談
民進党蔡英文主席・自民党高市早苗衆議院議員Web対談
https://youtube.com/watch?v=mXQQPv
を観ると、すでに外相や内閣総理大臣の仕事をこなしている感すらある。そして、明らかにこの動画で削除された極秘戦略対話の部分がある。

 この会談を仲介した古屋圭司議員は、昔からの台湾派である。自民党の台湾派は伝統があるとはいえ、もともと蒋介石国民党とのコネクションだったので、現在の民主進歩党とはあまり交際がなかった。それをつないだのが故 李登輝 総統である。李総統を介して民進党の要人と日本の政治家やジャーナリストとつながりができていったのだろうと思う。蔡英文も李総統の側近だった。

しかし、共産党とは不倶戴天の敵のはずの国民党が中国共産党よりに堕落してしまったのは、ほんとうに驚きだ。
posted by 山科玲児 at 06:06| Comment(0) | 日記