2022年01月28日

図版は素晴らしいが

ブリューゲルの世界.jpg

ブリューゲルの世界-目を奪われる快楽と禁欲の世界劇場へようこそ
パイインターナショナル (2020/12/11)
https://pie.co.jp/book/i/5378/


ベルギーで美術展カタログなどを出版している LUIDONの IN DETAIL
 シリーズの日本語版である。
とにかく拡大図版 写真は文句なく素晴らしい。ブリューゲルはボス以上に部分拡大図版が望まれる作品だらけなので、そういう点で貴重である。現著者のSELLINK先生は、あのプラドの聖マルティンのワイン 発見の立役者の一人である重要研究者である。この本でも版画原本風の緻密な素描を多く収録していて、これがまた素晴らしい。
ただ、図版の順序がカテゴリー別になっていて、一つの絵画の各部分がバラバラに収録されているので、一つの絵画をみてその各処を拡大でみたいという場合は、不便である。あくまで著者の脳内・ストーリーのイメージ回廊を案内されているという構成になっている。

また、翻訳文には、どうもおかしなところがあるようだ。45番 ベツレヘムの戸籍調査 の204p拡大図版の解説に「馬に乗っているマリアとヨゼフが。。」という文があるが、これは馬でなくロバである。日本より遙かに家畜が人間に近い欧州のSELLINK先生がロバと馬の区別がつかないはずはないので、これは、なにかの間違いだろう。またヨゼフも乗っているかのように誤解されやすい文章でもある。
当方には英語版、オランダ語を読める人にはオランダ語版のほうが良いかもしれない。

posted by 山科玲児 at 07:42| Comment(0) | 日記

2022年01月27日

へんな西洋絵画  選んでみました

手の習作 Largilliere Louvre.jpg

ラルジエール 手の習作、ルーブル


 ミュケイナイの宮女 アテナイの国立博物館
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:La_Dame_de_Myc%C3%A8nes,_fresco.jpg

   両右手のところが、どうもね。。エジプトの影響かもしれませんが、、
1970年に、GregoryMylonasが数十個の小断片を継ぎ併せて復元したものです。




ジョバンニーノ・デ・グラッシ  アルファベット  ベルガモ 市立図書館
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Giovannino_de%27_grassi,_Gothic_letters_from_a_model_book,_Biblioteca_Civica,_Bergamo.jpg
Height: 26 cm (10.2 in); Width: 18.5 cm (7.2 in)
 変というほどでもないかもしれませんが、アルチンボルドの先駆


ブラッセル・イニシアルのマスター 受胎告知 British Library所蔵の時祷書の中
master of  the brussels initials(Bologmese,  worked in Paris  Book  of Hours  British Library, London ms 29433
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:The_Annunciation_-_Book_of_Hours_(c.1407),_f.20_-_BL_Add_MS_29433.jpg
https://www.bl.uk/catalogues/illuminatedmanuscripts/ILLUMIN.ASP?Size=mid&IllID=45825

なんつうか、この複雑に入り組んだ建築イメージって必要だったのかな。

  
 Master of the Exhumation of St. Hubert、 教皇セルギウスの夢   ポール・ゲッティ美術館、カリフォルニア州マリブ、USA
http://www.getty.edu/art/collection/objects/623/workshop-of-rogier-van-der-weyden-the-dream-of-pope-sergius-netherlandish-late-1430s/?dz=0.5923,0.5923,0.26 
なんか、この極端な遠近法と不思議空間はエッシャーなみなんじゃないの。。ゲッティではロヒールの工房作 としているみたいですが、ちょっと違うかな、もう少し後? もとはブラッセルの聖グダール教会にあったようです。

フェラーラ派:聖母子 スコットランド国立美術館
The Virgin and Child with Angels  National Galleries of Scotland
https://www.nationalgalleries.org/art-and-artists/4897/virgin-and-child-angels?search=ferrara&search_set_offset=4
フェラーラ派の不明画家による「聖母子と天使」です(イメージ、右はその部分拡大)、たて58cmx横44cmぐらいの小型の絵です。
 「だまし絵」(REF)で知ったのですが、羊皮紙らしいものが、だまし額縁にいくつもぶらさがっているところも、聖母子が橋の上に座しているところも、相当へん。またイタリアの泉様*によると天使の服装もそうとう異風なんだそうです。


ドミニコ・ディ・バルトロ  片膝立ての聖母  シエナ絵画館
DOMENICO DI BARTOLO (b. ca. 1400, Asciano, d. ca. 1447, Siena)
Madonna of Humility
https://www.wga.hu/html/d/domenico/bartolo/various/humility.html

中国の東魏や飛鳥美術でもありますけど、こういう片膝立ての姿勢の聖母は西欧ではとても珍しい。地方的な様式なんだろうか。



コズメ・トウーラ,  聖ジョルジョの龍退治
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Panels_from_the_organ_of_the_Ferrara_Cathedral

 やせすぎで消耗しきったような肉体、気味悪すぎるんですが。。ここまで苦痛苦悩を誇示しないといけないのかなあ。。コズメ・トウーラ下絵のタペストリーのピエタをマドリードのティッセンでみたときも、どうかって思いました。


  生命の泉の画家、生命の泉、 プラハ国立美術館-シュテルンベルク宮殿?
https://sbirky.ngprague.cz/en/dielo/CZE:NG.DO_4131
 やや稚拙な作品だが、生命の泉がキリストの受難の血であることを露骨に描いた作品で、こういう発想はちょっと日本人には耐えがたい。なお、プラハ国立美術館はいくつもの館に分散されているようだが、古いところはシュテルンベルク宮殿のようなので、一応、ここにあるとした。


 ヒエロニムス・ボス「快楽の園」
https://www.museodelprado.es/en/the-collection/art-work/the-garden-of-earthly-delights-triptych/02388242-6d6a-4e9e-a992-e1311eab3609

まあ、いまさらだが、もし中央画面だけしか残っていなかった場合、これほど謎また謎の絵にはならなかったと思う。全部残っているから理解不能状態になっているんだろうな。


 ヒエロニムス・ボス  素描 「風景の中の樹木男」ウィーン:アルベルティーナ:Height: 27.7 cm (10.9 in); Width: 21.1 cm
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hieronymus_Bosch_-_The_Tree-Man,_c._1505_-_Google_Art_Project.jpg
  地獄の中ではなく、風景のなかにあるところが、静穏なのに変。


  アルチンボルト 紙の自画像 ストラーダ=ヌオーヴォ  ジェノヴァ
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Giuseppe_Arcimboldo_-_Self-Portrait_on_Paper_-_WGA00928.jpg

      アルチンボルドの精粋のような技巧的な自画像です。紙のすきめまで描いてあります。

 ジョヴァンニ・ベッリーニ、アレゴリー、ヴェネチア アカデミア美術館 1490?
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Accademia_-_Giovanni_Bellini_e_Andrea_Previtali_-_Quattro_allegorie_-_menzogna.jpg
 こういうアレゴリーは解説があれば変でないのかもしれませんが,

 南ネーデルランドの画家: 顔のある風景2点  ブラッセル  王立美術館
 https://www.fine-arts-museum.be/fr/la-collection/ecole-des-pays-bas-meridionaux-seconde-moitie-du-xvie-siecle-paysage-anthropomorphe-portrait-d-homme# 
https://www.fine-arts-museum.be/fr/la-collection/maitre-anonyme-des-pays-bas-meridionaux-paysage-anthropomorphe-portrait-de-femme#

ピーテル・ブリューゲル、 素描 学校の中のロバ ベルリン絵画館
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pieter_Bruegel_the_Elder_-_The_Ass_in_the_School_-_WGA03526.jpg

これを左右反転させた版画もある。なんというか不安になるのはなぜだろうか。
ピーテル・ブリューゲル、 素描  養蜂家 大英博物館 SL, 5236.59
https://www.britishmuseum.org/collection/object/P_SL-5236-59
これも、風俗画といえばそれまでですが、不安な感じがあります。



モンス・デジデリオ(フランソワ・ノーム):大聖堂の崩壊(偶像を破壊するユダヤ王国のアサ王)::英国フリッツウィリアム美術館
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Nom%C3%A9,_Fran%C3%A7ois_(Desiderio._Mons%C3%B9)_-_Explos%C3%A3o_de_una_Catedral.jpg

このモンス・デジデリオって、ありえないような不思議な建築が崩壊するという不安な作品がありますね。現在でも結構オークションに名作がでることもある画家なんで、日本にも一つ欲しいですね。


ジョヴァンニ・バチスタ・ブラチェッリ:版画集
Giovanni Battista Bracelli:: Bizzarie di Varie Figure, 1624   
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Bizzarie_di_Varie_Figure,_1624
1624年の版画なんですが、なんか20世紀の未来派みたいな感じがする代物。どういう意図なのかわからない。


 ニコラ・ラルジエール「手の習作」  ルーブル美術館 (イメージ  当方撮影)
https://collections.louvre.fr/en/ark:/53355/cl010061812

ルーブルで一番衝撃でした。特にぽってりと肥満している白い手が妙にリアルで印象的。 またレースの袖がまた、不思議な感じで絡まっている。

ボワイー 「テーブルトップ」 リール美術館
   https://www.photo.rmn.fr/archive/11-532347-2C6NU0OM5O6Z.html
  これも「だまし絵(REF)」で知ったもので、ほんとに木の机のテーブルトップの上に油彩で描いてあります。しかし、テーブルトップの上を油彩で装飾するのは他に例は多いのですが、これはちょっとないわあ。。



ドミニク・アングル: アンジェリカを開放するルジェッロ  ルーブル美術館
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jean_Auguste_Dominique_Ingres_-_Roger_Delivering_Angelica.jpg
  どうみても屍体のようなアンジェリカなんですが、、

女性ヌード素描 ロッテルダム ボイマンス美術館 旧ケーニッヒ・コレクション
https://www.boijmans.nl/en/collection/artworks/57604/study-of-a-standing-female-nude-probably-for-the-painting-la-source-musee-du-louvre-paris
下半身だけの素描って、アングルらしいといえばアングルらしいけど。




REF. 谷川 渥 著、図説 だまし絵  もうひとつの美術史、フクロウの本シリーズ
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309762388/

posted by 山科玲児 at 07:10| Comment(0) | 日記

2022年01月26日

名店のラーメン

ラーメン.JPG

なんか、一部で有名なラーメン店のラーメンを、インスタントで手軽に味わえるもの?というようなのが最近やたらにでているようだ。
コロナで旅行や行列も抑制されているからだろうか?

食べてみたけれど、それほどはっきりとした個性は味わえなかった。まあまあ、片鱗を窺うというくらいなんだろう。

タグ:ラーメン
posted by 山科玲児 at 20:21| Comment(0) | 日記

ヘントの祭壇画 動画  正誤表


2022年01月22日 ヘントの祭壇画 動画
【ヤンファンエイク】謎修正!?羊の顔が人っぽくなった理由【ヘントの祭壇画】
https://www.youtube.com/watch?v=6QPcCYO2Iak

なかなか良い解説動画ですが、少しばかりの誤りを意地悪く訂正しておきます。


6:14
×>フーベルトが亡くなってから6年後に完成しているんだよ。だから、ほとんど弟のヤンが描いたというふうに言われているのね。

○>6年中4年はヤンはほとんどポルトガルなど海外勤務や他所勤務で活動していた。ヤンが制作できたのは1430年ごろから。フーベルト制作部分とヤン制作部分が入り交じっている。


15:44
×>歴代教皇
○>教皇が3人、司教6,7人、助祭2人、その中には殉教者聖ステファン、ゲントの守護聖人聖リヴィニウスが含まれる。その他大勢
は、教皇とは限らない。また左上の男性集団にも教皇冠の人が3人いる。

18:03
×>レース
○>ブロケード::錦(にしき),金襴(きんらん).ダマスク織ですね。これは。

22:17
×>ミラノとかトリノにある
○>主にトリノとパリにある。

25:44
×>ナポレオンがまるっとパリに運んだ
○>ナポレオンが中央の4パネルを没収しパリに運んだ。実は当時は現代のような形でなかったらしい。というのも、1781年 7月17日, 祭壇画をみた皇帝ヨーゼフ2世が、アダムとエヴァのヌードにショックを受けた。2パネルは別の場所に移された。という事情があり、かなり分解されていた形跡がある。

28:15
×>盗難されたのは「正しき裁き人」と「キリストの騎士」
○>盗難されたのは「正しき裁き人」とその裏の「洗礼者ヨハネ」
この件は、既にYOUTUBEの固定コメントで山田氏が訂正しています。

35:38
△>エフ・ファンデル・フェーケンというすごい修復師がいて、、、複製したものがはまっている。
   Joseph  Van der Vekenだからエフでもいいのかなあ。。フラマン語での読み方の問題はあると思います。

Joseph  Van der Vekenの複製制作開始は1939年ですが、祭壇画にはめこまれたのは1950年〜51年ごろのコールマンを中心にした修復のときでしたので、山田氏の言い方でOKかな。それ以前は他のコピーを組み合わせていたようです。

ゲントの祭壇画の盗難とその模写 、及び2、3の問題
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/gentalte.htm

2017年08月01日 トリノ=ミラノ時祷書  
  http://reijiyamashina.sblo.jp/article/180512661.html 


posted by 山科玲児 at 06:36| Comment(0) | 日記

2022年01月25日

ジョスカンのミサの歴史的録音



ルネサンス音楽の代表者:ジョスカン・デプレ 随一の傑作である「ミサ・パンジェ・リングア」の1950年代ごろの録音が2つある。
一つはARCHIVレーベルのブリュッセルの団体  サッフォード・ケープ、プロムジカ・アンティクァのもので、柴田南雄先生の本に紹介されていたもの、もうひとつが、DECCAレーベルのノア・グリーンバーグ指揮のニューヨーク プロムジカ によるものである。
  実は、このニューヨークのほうの アニュス・デイがずっと気になっていた。なかなかのびやかな良い演奏で、第3アニュスで、突然、プレインチャントのパンジェ・リングアのメロディの主旋律(当時はそう解釈していた)をたぶんグレゴリアンで歌って重ねていたのが、とても高揚感があってよかった、と記憶していた。そしてここのところだけを何度も聴いた覚えがあるのである。LPをひっこしなどで紛失してしまい、果たしてあれはニューヨークのものだったか、ブリュッセルのものだったかさえ、怪しくなっていた。
  最近、ネット試聴でブリュッセルのものを聴いて、どうも違うとわかった。はっきりいって、この演奏は、本当に残念ながら、もはや聴くに耐えない。
 そうなるとニューヨークのほうである。
 なんども検索したあげく、米国政府機関のARCHIVEにデジタル音源があることがわかった。LPからなので雑音もあるがまずまず聴くことができて、とても嬉しい。
 Missa Pange Lingua / Motets & Instrumental Pieces
    Josquin Des Prés; New York Pro Musica  
       Decca (DL 79410)
https://archive.org/details/lp_missa-pange-lingua-motets-instrumental-p_josquin-des-prs-new-york-pro-musica/disc1/02.03.+Missa+Pange+Lingua%3A+5.+Agnus+Dei.mp3


 よく聴くと確かに上声部は別の歌詞を歌っている。「レジナ」ときこえるのでマリア賛歌のようだ。「パンジェ・リングア」ではないかもしれない。この部分だけが一種のクオドリベットみたいなポリテキストのモテット(13,14世紀に流行った)のようになっている。
  風雲児 ノア・グリーンバーグらしい大胆な演奏だが、なかなか良い。中低音が大きいのも感じが良い。現代の演奏は高音部が前にですぎだと思う。歴史的録音・演奏だが、現在でも聴くに値すると思った。

 LPからCDに媒体が移ったとき失われてしまった演奏ソフトというのがかなりあると思っている。こういうことは写本から印刷本へ移ったときも起こっただろうし、今後もメディアが変わることによって取りこぼされ喪失する作品はでてくると思わないといけないだろう。

ちなみに最近の録音としてネット公開されているものでは、、
Josquin Des Prez: Missa Pange lingua - Agnus Dei
https://youtu.be/dSPbE_AQgpA?list=OLAK5uy_kxQECVUjMBNIKdavS5jZ6xLs60zQZ48Po
があった。これは英国人のグループStile Antico によるもので、CDなど発売しているので宣伝の意味でアップされているのだろう。
posted by 山科玲児 at 08:45| Comment(0) | 日記

文化財保護デー

美術研究 焼損後.JPG

  1月26日は文化財保護デー。これは昭和24年の法隆寺火災を忘れないという意味である。
 イメージは焼損後の壁画写真(1952 写真著作権消滅すみ)
  火元の日本画家に対しての執拗な擁護が当時から現在まであるのは本当に不思議なことである。
 また、戦火・爆撃で万一の焼失を怖れたための模写事業であったのだから、当時の時点では無意味になった模写事業を中止させなかった文部省官僚も共犯だと考えている。

法隆寺金堂壁画ギャラリー

http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/horyujif/horyujij.html


Image Source: 美術研究, 第167号、法隆寺壁画特集, 1952/1, 東京。
posted by 山科玲児 at 08:17| Comment(0) | 日記

2022年01月24日

パンケーキ ペッタンコ

pancake20220122.JPG


ホットケーキミックスでパンケーキ・ホットケーキをつくってみましたが、やっぱりふわふわではなく、かなりペッタンコでした。ふわふわにはなりませんでした。動画でみると色々やんないとふわふわにはならないようなので、まずは専門店で試食したいと思います。

  
posted by 山科玲児 at 08:44| Comment(0) | 日記

没後700年 趙孟頫とその時代




東京国立博物館・台東区書道博物館 共催で「没後700年 趙孟頫とその時代が開催されてます。
没後700年 趙孟頫とその時代―復古と伝承― 


ううむ、やはり、日本で元時代の美術工芸を展示するとき、どうしても禅僧墨跡が多くなる。これは日本に元の美術工芸が流入したのは殆ど全て禅林を通してだったからだ。だから、「趙孟頫とその時代」でも、禅宗との関係のものが多くなる。逆に台北や北京での展示では、禅の色が薄い。
ただ、趙孟頫自体、中峯明本への手紙も多く残っているし、禅林と関係なかったとはいいかねるので、ほんとうのところは中間にあるんじゃないか?と感じている。
  なお、元末四大家、趙孟頫の絵画でまともなものは、模写本ですら日本には無いので、その展示は難しいという問題もある。書法は割と良いものが展示されているようだ。
  とくに久しぶりなのが蘇舜欽の草書(2/1〜)で、これはとても珍しい。


posted by 山科玲児 at 07:46| Comment(0) | 日記

2022年01月23日

可愛いKAWAIIは日英合作か?

P1070817 トマスロレンス.JPG



へんな西洋絵画
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000310705
で、欧州の「かわいくない子供の絵」を取り上げて「かわいい」という概念を賞賛し評価するのは日本の影響であるかのような推定があった。ただ、上のような1800年作の英国の肖像画をみると、そうではないのではないか?と思う。

Ayscoghe Boucherett家の子供達, 1800, ルーブル美術館
Sir Thomas Lawrence (1769-1830), 195 x 146 cm.
https://en.wikipedia.org/wiki/File:Thomas_Lawrence_-_Portrait_of_the_Children_of_Ayscoghe_Boucherett_-_WGA12514.jpg

ひょっとすると、日英合作で、相互に影響を与え合っているのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 13:39| Comment(0) | 日記

アンデス文明本2種

芝崎みゆき  さんの アンデス文明本が2冊でるようです。Amazonでは予約受付もやってるようですね。

古代インカ・アンデス不可思議大全
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784794225603

アンデス・マチュピチュへっぽこ紀行
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784794225610

旅行本は、特に魅力的だと感じてます。だいたい、私がはじめて芝崎みゆきさんの作品を知ったのが、芸術新潮の遺跡旅行まんがでしたからね。

タグ:芝崎みゆき
posted by 山科玲児 at 08:29| Comment(0) | 日記