2022年01月10日

アナト

芝崎みゆきさんの、古代ギリシャ神話相関図
https://twitter.com/heppocoshine/status/1480179938729000974

をみていたら、「アルテミス」があったので、その前身である
古代カナーンのウガリットの強烈な女神、アナトについて思い出した。検索したら、ニコニコ大百科に意外と詳細な、しかもだいたい正しい解説があったのに驚いた。細かい異同は、古代にも色々な異伝はあっただろうし、まあ許容出来る範囲かな。


Th.H.ガスター の世界最古の物語―バビロニア・ハッティ・カナアン (現代教養文庫)で読んだとき、そうとう凄いと思ったものだが、筑摩の古代オリエント集を繙くと、粘土板からの原文があり、それもやっぱりだった。

>すると処女アナトは答えた。雄牛なる(父で主神エル)は応じるでしょう。
>わたしはかれを羊のように踏み倒し、かれの白いあごひげを血潮とともに(原文脱落)からです。
>かれが、神々のもつ家のような家をバアールにも与えてくれないならば。


>彼女は人の首を背中に(原文脱落)手首を束ねて一緒にした。
>アナトの腹は笑いでふくれ、心は喜びであふれた。それは、勝利がアナトの手にあったから。
>彼女が兵士たちの血の中を膝までも、戦士たちの血潮の中を頸まで浸したから

えっと、、これは原文です。1部分の抜き書きですが、、

ref   筑摩世界文学大系1 古代オリエント集、1978
posted by 山科玲児 at 16:37| Comment(0) | 日記

好太王碑の拓本

水谷01.jpg

好太王碑の拓本で、一番 優れているといわれる水谷本の、まずまずのイメージを全てWikimediaに投稿しました。上イメージはその一部。。おそらく、1890年ごろの、北京の金石家が派遣した拓工の制作品じゃないでしょうか?



 こういう碑文の議論を、オリジナル・イメージなしで、二次的三次的な写しや活字おこしで参照してるんじゃどうしようもない。水谷本は、ぼやっとしているのが欠点なんですが、オリジナルの文字に一番近いものには違いない。
 手間はかかりましたがしょうがない。好太王碑は、かしましく議論がある割りには原資料を出す人があまり出てこない。ウィキでも、そのうち出るだろうと思っていましたが、何年経っても出てこない。水谷本所蔵の国立歴史博物館も詳細イメージを出してません。

しょうがないので、東京国立博物館で1996年、25年ほど前に水谷本が公開されたときの縮印本をもとにしてイメージを造りました。
 もうね、大学研究者や公務員やってる連中は、ちゃんと仕事しろ。民間個人のボランティアにやらせるなよな。なんで当方が、こんなことやらなきゃいけないんだろう。

なお、お茶の水女子大学では詳細イメージをだしてますが、惜しいかな拓本自体が石灰加工後のかなり恣意的なものです。墨も非常に濃い。しかし、文字はこちらのほうが読みやすいかもしれませんね。概要をつかむにはいいと思います。

また、韓国ソウルの国立博物館でも詳細イメージを出してます。やや淡い拓本ですが、これもまた拓本が1文字1文字をハッキリさせるためにかなり加工されているもののようです。しかしながら、概要をつかむにはいいと思います。



posted by 山科玲児 at 12:21| Comment(0) | 日記