2022年01月29日

いろんなラーメン

ラーメン.JPG

最近カップ麺をはじめ、ラーメン有名店監修風の製品が多く、
当方も結構利用してるんですが、
上記のような多種類のチルド麺製品を出しているところもあるようです。
ただ、そんなに各製品に個性があるかなあ、というと食べてみるといまいちの感もあるのですが、、
まあ、よく売れる製品が残っていくのではないかと思います。

アイランド食品|全国極美味銘店ラーメン
https://www.island-foods.co.jp/
posted by 山科玲児 at 20:12| Comment(0) | 日記

ブリューゲル絵画の鑑識問題

Bruegel チベリアの海に出現するキリスト.jpg

ブリューゲルの世界-目を奪われる快楽と禁欲の世界劇場へようこそ
パイインターナショナル (2020/12/11)
https://pie.co.jp/book/i/5378/

 このSELLINK先生の本の選択のなかに、
「チベリアの海で使徒たちの前に出現するキリスト(ガリラヤ湖のキリストと使徒たち)Landscape with Christ and the Apostles at the Sea of Tiberias」(イメージ)

が省かれていたことに、なんとなく寂しい感じがあった。
というのは、この絵画は、ずっと個人所蔵で、ほとんど展覧されなかったし、カラー写真もいいものがなかったという状態だった。
 つまり、名前だけずっと有名だったのに、いつのまにかダメでした、と去っていってしまったようなものだ。
 ずっと公開されないだけなら、そういう名作は少なくないがカラー写真画像まで少ないというのは珍しい。
  一応、当方が得た最善イメージは、wikimediaの中にあるものである。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Christus_und_die_Apostel_am_See_Genezareth_(Bruegel_1553).jpg


 どうも、最近のブリューゲル真作パネル画リストからは、はずされているようだ。森洋子先生の本にもなかったしね。ただ、一部のWikiにMaerten de Vos  作という推定があったがかなり噴飯ものだ。モンペルやパテニールならまだわかる気がするのだが。。
  こちらは、公共美術館所蔵だったから、かなりの論争のあとはずされた「イカロスの墜落のある風景」(ベルギー  ブリュッセル王立美術館)
と同様になんか惜しい感じがある。
posted by 山科玲児 at 10:55| Comment(0) | 日記

マンガ家  ムロタニ・ツネ象氏が逝去

人形地獄.JPG

漫画家ムロタニ・ツネ象さん死去、87歳 子ども向け歴史漫画多く手がける

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201250000418.html

漫画家 ムロタニ・ツネ象先生のご逝去につきまして

https://www.mangaz.com/information/detail/2095


マンガ家  ムロタニ・ツネ象氏が逝去された。87歳。

デビューしたころは、ギャグ、そのあと怪奇マンガを制作していて、
「地獄くん」「人形地獄」という単行本がある。
その後は、知らなかったのだが、学習マンガの世界で健筆をふるわれたようだ。
愛読者も多かったようで、家族にみまもられて逝去とのことで、幸福な人生だったのではなかろうか。
 独特の味わいがあった怪奇マンガをやめたのは惜しい気もするが、怪奇マンガでやっていたら、順調な人生にはならなかったかもしれない。


posted by 山科玲児 at 10:39| Comment(0) | 日記

100円ショップでイタリア製

italy cups.JPG


100円ショップでプラカップ探してたら、なんと「イタリア製MADE IN ITALY」でした。色もなんかヨーロッパ色なんですね。思わず2つ買ってしまいました。

タグ:イタリア
posted by 山科玲児 at 09:19| Comment(0) | 日記

ベルギー王立美術館サイト 復旧

ベルギー王立美術館サイト 回復 復旧したようです。


もちゃんと表示されます。
こういう人面岩めいた絵画は版画も含め多いのですが、この2点は、相当質が良いと思います。

posted by 山科玲児 at 07:38| Comment(0) | 日記