2022年04月19日

TVは誤解させる

lapis (2).JPG





   メーヘレン事件つながりで観た動画ですが、どうもTV番組らしいのです。そのうち消えるかな。
  TVの誤訳なのか、オランダ人の冗談を真に受けたのか、あまりに馬鹿馬鹿しい話なので呆れたので、言及しておきます。

滝川クリステルがメーヘレン事件を学ぶという番組らしいのですが、、

動画:ハン ファン メーヘレン Han Van Meegeren
1:11:38秒ごろのところ
https://youtu.be/D-uRYXxnYSw?t=4299
で、天然ウルトラマリン原石を 55万ユーロ、といっているが、あまりに法外でしょ。誤訳じゃないかな。。

上のイメージは、当方のとこにあるラピス・ラズリ原石です。昔、学生のころ展示即売会でかけらを買ったので、いくらぐらいだったか、だいたいの目安ぐらい知ってますから。

なぜなら、

天然ウルトラマリン
https://www.sankichi.com/SHOP/4589714870018.html

で、8gで\24,200 (税込)

そうすると、凄ましく純良な原石で100%使えるとして800グラムで242万円=1万7500ユーロ程度。そういうことはあり得ないし、加工過程のコストや利益も含めるから原石では100万円以下でしょう。
上記の解説では数%しか使えないとさえ言ってます。

天然石を売ってる店は多いけれど、200gぐらいの高品質の塊で数万円ぐらい、じゃないでしょうかね?
posted by 山科玲児 at 17:28| Comment(0) | 日記

メロード祭壇画の値段

merode alterpiece met.jpg



  1956年にロックフェラーの援助でメロード祭壇画をメトロポリタンが買ったときは、ベルギーでも騒ぎがあったそうである。ニューヨークタイムズなどでこの件が公開された1957年12月11日の後、12月15日のブリュッセルの新聞  ル・ソワールでは
「我々は大戦によって既に多くのものを失ったが、その上、金の力によって多くの文化財が流出していく。どうか国王には必要な財源をおこし、祭壇画を買い戻していただきたい。」
と論陣を張った。

  このときの値段は秘密なんだそうだが、噂では100万ドルとも85万ドルともいわれている。

  ただ、当時の1ドルの価値がわからない。現在の何円にあたるのだろうか??
  色々計算してみたが、7000円ぐらいじゃないかな?
  その根拠は、当時の小学教教員・巡査の初任給月給が8000円でした。
  そして1ドル360円でした。
  これで、計算すると、当時の1米ドル=現在の6000円〜7000円ぐらいになります。

    また、金1オンスを35USドルというプレストン・ウッズ体制から計算すろと7700円になりますね。ただ、現在金価格が上がっていることを考慮すると6000円ぐらいでいいのかな。

  そうすると、50億円ぐらいかな。。

posted by 山科玲児 at 08:49| Comment(0) | 日記

ファミエット

ファミエット.JPG



 うっかり1枚割ったので、通販でファミエット・ブランドの硬質ガラス深皿を少し買った。
 割ってわかったのだが、このファミエットは磁器のような割れ方をする。破片や砕片が飛び散らない。そういう意味でも、なかなか良い器物だと思う。フランス製という俗物根性をくすぐるところもある。
今は模様入りのほうがよく売られているようだが、模様なしのほうが合わせやすくストイックな感じでいい。
posted by 山科玲児 at 06:06| Comment(0) | 日記

フェルメールの「絵画芸術」の伝世




山田五郎氏のメーヘレン事件の動画に触発されてナチスとフェルメールの関係を連想しました。
それにともない、2003年に書いた、ヤン=フェルメールの「絵画芸術」の伝世について。
http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/vermeer.htm

のなかの スウィーテン男爵の記述を訂正しました。
父親の
ゲラルド・ファン・スウィーテン

と息子でモーツアルト等のパトロンだった
ゴットフリート・ファン・スヴィーテン

を混同していました。父親が所有し、息子に伝わっただろうとは思います。その後チェルニン家に移ったのは大部あとの1813年ですね。
posted by 山科玲児 at 05:49| Comment(0) | 日記