2022年04月23日

米国民主党の成功体験



 移民を世話して票を確保するというシステムが19世紀のタマニー・ホール(Tammany Hall)から民主党の基本原理で成功体験です。三つ子の魂100までです。
 タマニー・ホールのボスがあの悪名高い
上院議員:ウィリアム・M・トウィード William M. Tweed(1823-1878) 
https://en.wikipedia.org/wiki/William_M._Tweed

2億ドルも公金横領したといわれています。今日の貨幣価値では2兆円ぐらい。現在の民主党はクリントン財団のような間接的なものに変わっているところは違いますが。
posted by 山科玲児 at 17:28| Comment(0) | 日記

シャーロック・ホームズの家計簿



先日、あげた
2022年04月19日 メロード祭壇画の値段
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/189475954.html

のように、歴史上のある時点での貨幣価値を知る必要がでることがある。
実は、カルロ・クリヴェッリのロンドン・ナショナルギャラリーにあるダミドフ祭壇画の値段がわかったので、ナショナルギャラリーが買った時代1870年ごろのポンドの貨幣価値を知りたいと思った。
実はシャーロック・ホームズがワトソンにあった時代とほぼ近いのだ。
それで下宿代やワトソンの傷痍軍人恩給などから推定して、1ポンド2万円と考えていたんだが、、1ポンド5万円という説もあった。


駒月雅子 シャーロック・ホームズの家計簿
https://kotoba.shueisha.co.jp/tachiyomi/1906/3603.pdf

という記事の立ち読み部分の最後に同じ見積もり1ポンド2万円が書いてあった。

どうなのかなあ、、間をrとって1ポンド3万5千円とかいいのかな。

posted by 山科玲児 at 13:32| Comment(0) | 日記

エルミタージュの一般公開



Hermitage_1910 postcard.jpg

  ペテルスブルクのエルミタージュ美術館(イメージは1910年のポストカード)が市民に公開されたのは1864年  アレクサンドル2世のときだった。たぶんそのために公開用に新館を建築している。宮殿は、市民公開の展覧会用にはむいていないのが普通だからね。ロシア革命の50年以上前である。
  なんかロシア市民に革命で開放されたような印象をもっていたが、全く誤りだった。騙されていた。

実は、日本最初のイコン画家・山下りん  の動画をみていて、
【日本初のイコン画家】なぜキリストの絵に漢字?【山下りん】
https://youtu.be/DBH-Fmsk5zI
山下りん  がペテルスブルグでエルミタージュに通ったという話がおかしいなあ、、と思い調べてみたら全く違っていた。

暗愚どころか改革者であったこの皇帝が暗殺されたのは、まことに残念なことだった。

この動画の13:28秒
【日本初のイコン画家】なぜキリストの絵に漢字?【山下りん】

で「封建社会のほうが女性に門戸を開いていて、近代社会は厳しく差別していた」
というのも、良い指摘ですね。

posted by 山科玲児 at 09:01| Comment(0) | 日記