2022年04月30日

Hirch コレクション

gaspard ferician Rops.jpg

 もともと古書籍オークションとして出発したサザビーズには、夜のガスパール1842年初版のオークション記録が2件あった。ただ、とても不思議なことに、どちらも、巻頭の余紙に、
1868年再版のとき、フェリシアン・ロップスが制作した版画(イメージ)が貼り込まれていたのだ。
これは、かなりおかしい。後の時代のものではないか??という疑念をおこさせるものである。
実際、最近、この1842年版の忠実な複製も近年制作されているようである。

2件ともそうなのは不思議なことだと思っていたが、2冊ともどうも同じコレクターのもとのところにあった本だというので、ある程度疑問が解けた。

Robert von Hirsch という人で、ドイツで鉄の売買、皮革事業で成功した実業家であり、ユダヤ系だったためスイス バーゼルに亡命した人だという。ヘルマン・ゲーリングにクラナッハの「パリスの審判」を渡して見逃してもらった人らしい。1978年にコレクションを売り立てている。ただ古書籍が入っていたかはよくわからない。
ニューヨークタイムズが記事にしていた。
  このときデューラーの水彩1点が呼び物だったそうで、山田智三郎:西洋美術館館長が芸術新潮のエッセイで「民間にある最後のデューラー水彩が市場にでた」と書いていたのは、このHirchのものだったんだなあ。。
posted by 山科玲児 at 20:50| Comment(0) | 日記

網師園の動画



  蘇州庭園のなかで、小型ながら明代の趣も少し残している名園:網師園の動画があった。
https://www.youtube.com/watch?v=yD_oV317mCI
  カメラワークや機材の使い方、質感表現は、欧米で訓練された人はうまいものだと思う。
  推薦。
  少しだが、他の庭園:拙政園の写真も併用しているので注意。
 この網師園、大画家にして贋作者だった張大千も滞在していたことがあり、そこで描いた絵を昔観たこともある。メトロポリタン美術館の中国庭園は、ここの一部を模範にしたものだが、あまりできはよくない。ポートランドには優れた日本庭園もあるし、中国庭園もある。

 こういう蘇州の庭園は、日本的な感覚では庭園というよりは邸宅といったほうがいい感じではある。
タグ:中国庭園
posted by 山科玲児 at 09:07| Comment(0) | 日記