2022年05月03日

神谷伝兵衛旧蔵の香炉

翡翠の香炉123.JPG


電気ブラン」を開発した神谷伝兵衛(かみや・でんべえ)氏の逝去からほぼ100年だそうです(1856/3/17ー1922/04/24)
 東京国立博物館にはこの神谷伝兵衛さんが寄贈した中国の玉器や翡翠の香炉、ただしほとんど清朝後期のもの、がかなりあります。イメージは当方撮影。昔はあまり展示されなかったのですが、21世紀にはときどきでてるみたいですね。
100年というのでまとめて展示するのも面白いとおもいますけどね。
神谷伝兵衛氏の事業::
posted by 山科玲児 at 15:11| Comment(0) | 日記

第二次世界大戦直前に「ヴィーナスの誕生」は

Botticellii Vinus m.jpg

「ヨーロッパの略奪」をチラ読みして、気になったことなんですが、、
ウフィッチィ美術館の至宝、「ヴィーナスの誕生」は、第二次世界大戦直前に米国に貸し出されておりました。そしてドイツがポーランド侵攻し戦争がはじまってもまだ米国にいた。

シカゴ・インスチチュート オブ アートのサイトにシカゴでの展示カタログがあります。
なんと1939年11月18日〜1940年1月9日が会期です。確かにまだ米国は参戦していなかったけれど。。
Masterpieces of Italian Art lent by the Royal Italian Government 
戻ってきたのかな、それとも米国にいたのだろうか。



posted by 山科玲児 at 08:42| Comment(0) | 日記

カルロ・クリヴェッリの動画 モンテフィオーレ

montefiole dell asso 2005.JPG


ようやく、傑作で、しかも実物を観る機会が少なかった、カルロ・クリヴェッリ(Carlo Crivelli, 1430年頃? - 1495年)のモンテフィオーレ祭壇画の拡大動画をみつけました。
音楽だけでよけいな解説無し。
なんせ私なんかその絵の前にいっても照明最悪、しかも前のガラスの反射でロクにみることができなかった。隔靴掻痒・苦杯をなめるというダメダメ体験をしたからなあ。まあ、それでも、ほこりっぽいガラスに顔をくっつけ、眼をこらし単眼鏡も使い、極一部をなんとか観ることができましたが。。。

イメージはモンテフィオーレ・デルアッソの町で、当時この絵があった教会のまわりです。今は別の場所に移され、もっと展示環境が良いようです。

Montefiore dell' Aso (AP), Polittico di Carlo Crivelli
https://youtu.be/eOIevZy_vXc


posted by 山科玲児 at 06:16| Comment(0) | 日記

名古屋のモーニング:動画

名古屋を愛する「あかまた」氏による
名古屋の喫茶店モーニング動画です。

愛知の奇跡!モーニングの小倉トーストを接写するの巻
https://youtu.be/PD6AllS-2mQ
名古屋の喫茶店では、モーニングに特色があるということは、知られているようですが、

どうもコーヒー注文すると
トースト+ゆで卵がついてくる、という ものらしいです。

私も名古屋にいたことがあり、駅地下喫茶店でモーニング頼んだときやたらに豪華だった記憶があります。



posted by 山科玲児 at 05:48| Comment(0) | 日記