2022年05月11日

火災をのがれたか?

釈迦三尊   法隆寺 (2).jpg釈迦三尊   法隆寺 (3).jpg




法隆寺釈迦三尊像が 若草伽藍火災後、和銅再建時に、再造されたとか、他寺からもってきたとかいうことになると、光背銘文についても考えなおさないといけなくなる。

しかし、少々重いご本尊でも、火災のときは、運び出せるものらしい。

雷による火災でも金堂の本尊を運びだせる:石原秀晃「法隆寺金堂釈迦像は火難を免れたか」
https://blog.goo.ne.jp/kosei-gooblog/e/507b12219f06899aa59fec8c306cf869

確かに、薬師寺のあの重そうな金銅薬師三尊像もまた火災のときとりだされてるんだものなあ。軽い乾漆像ならもっと簡単だろう。

法隆寺釈迦三尊像については、確か東野治之氏が面白いことをいっていたと思う、
「光背の頂のところが少し前にゆがんでいる(イメージREF)のは、火災のとき光背をはずして後ろに落としたとき衝突で変形した」という仮説である。光背はかんぬきのようなものでとりつけてあるから、はずすことはできそうだ。ただ危急のときはそのまま運ぼうとして失敗したのかもしれないなあ。そのとき、光背周囲の飛天は全部はずれてとんでしまい、また頂部の変形があったのかもしれない。メトロポリタンの北魏金銅仏の例ではほぞ穴にさしこんでいるだけなので、乱暴にあつかえばとれてしまう。

メトロポリタン美術館 北魏  金銅仏 ACE524
https://www.metmuseum.org/ja/art/collection/search/42162

  法隆寺の昭和資材帳 調査でも 飛天がでたという話はないので、若草伽藍炎上のときにとびちってなくなったとしたら、さすがに保存されてはいないのだろう。
 飛天がなくなっているということは、むしろ火災で避難した状況証拠といえるかもしれない。

Source REF 法隆寺大鏡 49集  大正6年 1917  写真著作権消滅すみ

posted by 山科玲児 at 19:00| Comment(0) | 日記

昭和レトロ

昭和レトロの感じを出して、復古的に、21世紀の現代に制作した
料理番組動画があります。

昭和96年に作られた喫茶店のプリン1950s Japanese Creme caramel


しゃべり方も雑音も、まさに昭和30年代以前の雰囲気を出してますね。こういう復古趣味レトロ趣味を、悪い冗談ととらえ嘲笑するむきもあるようですが、多くの芸術運動が、実は「復古を標榜した革新」であったことを考えると、馬鹿にはできないものがあります。

posted by 山科玲児 at 05:38| Comment(0) | 日記

東アジアの古代文化

ときどき、たまーに、ひっかかる記事が載ってた
東アジアの古代文化  という雑誌ですが、

東アジアの古代文化」が電子書籍とプリント・オン・デマンドで復刊しました

だそうです。記事ごとに買うことができる(200円ぐらい)なのは良いですね。

posted by 山科玲児 at 03:18| Comment(0) | 日記