2022年05月15日

ベレンソンのイタリア・ルネサンスの絵画

ベレンソン ルネッサンスのイタリア画家.JPG

【ボテロ】なぜモナ・リザをふくよかに!?コロンビアの巨匠の深い意図【パロディじゃない!】

https://youtu.be/RmCEDM-VZkM

で、あのボテロがバーナード・ベレンソンに学んでいたということを知って、昔読んだ

イタリア・ルネサンスの絵画
矢代監修&序、山田智三郎、摩寿イ、など翻訳

を再度入手して読み返してみました。
そうしたら、確かにボテロの理念に近いようなとこがでてくるんだな、、これが。。特にミケランジェロ関わりで、、

ただ、
ピサルネロへの敵意に満ちた貶め、に続いて
初期ネーデルランド絵画への反感を読みとって、
面白かった。おそらく、ヒエロニムス・ボッスなんか関心外なのではないか?

またラファエロへの微妙な愛憎ともなう書き方もまた面白い。

どうも、当方の好きなものと真逆の好みのようである。

ここまであからさまに書かれると、21世紀の昨今の本のように敵をつくらないように表現を柔らかくしたり、あえて書かなかったりすることがないので、逆に面白い。
 学ぶべき聖典・教科書というより偉大な論敵の著作を読んでいるようで素晴らしい。
posted by 山科玲児 at 09:29| Comment(0) | 日記

沖縄フェア

沖縄フェア.JPG

ローソンで沖縄フェアやっているので、
前 飲んでみて、よかったレモン・サワーなどを買ってきた。
次々に新規のかわった製品をだす山芳製菓もポテトチップ「シークワイサー 塩ぽん酢」をだしていたが、これは「酸っぱ」というだけでそれほど成功作じゃないようだ。


沖縄料理というと、豆腐 チャンプルーかな、

豆腐ヨウという豆腐の漬け物、アンチョビーのスクガラスってのもあったな。
昔、雑誌 太陽で沖縄料理特集やっていたので、ひっぱりだしてみた。イメージ::
一緒にはさんだ資料によると、沖縄ではそうめん を炒めて食べるそうだ。これも面白そう。
posted by 山科玲児 at 09:17| Comment(0) | 日記