2022年06月12日

西洋美術館 常設展 その2

Zurbaran Dominico Ueno.jpg
2020年07月12日 西洋美術館  スルバランを買う
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187688178.html

で書いた 作品の実物を観た。
https://collection.nmwa.go.jp/P.2019-0001.html
  なぜ。このような大型の見事なスルバランの人物像を西洋美術館が獲得したのか? どうも不思議になるほどの名作だった。左下の犬の獰猛な牙や、ナチュラルホワイトの麻衣の感じなどまことに素晴らしい。


 西洋美術館は予算の運用面でも、米国の美術館に比べて相当不自由で、よいものが市場にでても、迅速には動けない。だから、オークションで良いものが出ても、業者をオークションの代理にたてるのが通例で、西洋美術館の責任者がオークションで落札するということはない。そういう手足を縛られたような状態でよくこのような作品を入手できたものだ、と思った。

実物を仔細にみてなんとなく感じたことだが、これはたぶん真作だろうし、優秀な作品だが、おそらく傷物なのかもしれない。

左上部分に妙に黒背景の色が違っている部分がある。影だろうとは思うが、なんとなく欠損にみえる。そして、右肩が妙に曖昧である。
 このキャンバスは周囲を補って大きくしているのは確かで、その点は西洋美術館も指摘している。こんな大きな絵画で、なぜそういう補いをしなければならなかったのか?どうも不思議だ。
  ひょっとしたら、これは更に大きな横長の大壁画で聖人が横に並ぶ群像だったものが痛んだので聖ドミニクスだけを切り抜いたものではなかろうか? 
ただ、布目は続いているように見えるので、ゲスのかんぐりかもしれない。
あるいは、周囲の画枠に近い部分に相当傷んだ部分があって、キャンバスを拡大しないと新たな画枠に貼れないというような事情があったのかもしれない。

http://www.artmuseums.go.jp/acquisition/nmwa_r01.pdf
公開されている購入価格は、
638,383,300円
タグ:西洋美術館
posted by 山科玲児 at 14:24| Comment(0) | 日記

西洋美術館の常設展  その1

emiria  venus  Cupid.jpg



常設展示がそうとう変わっていた。新収品やずっと公開されていなかったものを中心にみた。


エミリーア派の作品「ヴィーナスとキューピッド」(イメージ)が1964年からお蔵入りだったが公開されて良かった、結構良い。
https://collection.nmwa.go.jp/P.1962-0003.html

ヨース・ファン・クレーブ
の扉裏面は赤っぽい大理石板を模倣したもの、を確認した。
https://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

ルカス・クラーナハ(父)「ホロフェルネスの首を持つユディト」
  新収品の写真イメージで観たとき、なんでこんなのを購入したんだろう、と思ったものだが、まあ実物みると、油彩の衣装表現など、それなりの魅力もあるのでまあいいか、これは実物みないとわからん。
https://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_7_detail.php

フランスの静物画  ドラポルトの良い作品が公開、
http://collection.nmwa.go.jp/P.1984-0004.html
これもまた長いお蔵いりだったもの。数年前、一度出ていて注目したんだが、その後またしまわれてしまっていたものが公開されていた。
2015年10月08日 西洋美術館に埋もれていた絵が発掘公開された
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/165237176.html

クロード・ロランの作品、こころなしか、明るくなっていた。少しクリーニングしたのかもしれない。
踊るサテュロスとニンフのいる風景
http://collection.nmwa.go.jp/P.1975-0008.html

内藤コレクションの中世装飾写本の零葉が6点? 展示されていた。13世紀のもの、と15世紀のもの
東京国立博物館で浮世絵を展示しているような感じで額装で展示されていた。
大体、古い羊皮紙の本物を観る機会が他にどれだけあるだろうか? 紙の博物館 や 上智の図書館などならあると思うけれど、それだけでも貴重である。なんなら、新品の羊皮紙の端切れを横に吊して触ってもらってもよい。
2020年03月21日 傑出した細密画
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/187295028.html


西洋版画を視る―エッチング:線を極める、線を超える

企画展が常設展のなかで優れていた、デューラーの版画、ブリューゲル下絵の大風景画まで展示されている。ただ、あまりに地味でリストすらおいていない。

https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2022etching.html

19世紀絵画の、比較的 新収ではジョン・エベレット・ミレイの自分の子供たちを描いた作品があった。
https://collection.nmwa.go.jp/P.2020-0004.html


現代絵画の最後のセクションはル・コルビジェの絵画の特集に変わっていた。なんと大成建設のコレクションからの借り物だという。建築家という縁であろうか? 感覚的生理的には好きな絵画ではない。建築で良い仕事をしてくれて良かったと思う。



ギュスターヴ・ドレ: ラ・シエスタ、スペインの思い出 La Siesta, Memory of Spain
https://collection.nmwa.go.jp/P.2005-0007.html
が展示されていなかったのは残念。他に従来みなれていた大型作品でみなかったのは、
  ナティエ  マリー=アンリエット・ベルトロ・ド・プレヌフ夫人の肖像
  コロー  イタリアの思い出
  ミレー  ダフニスとクロエ

タグ:西洋美術館
posted by 山科玲児 at 10:26| Comment(0) | 日記