2022年06月24日

小さいが大きくみえる

Fredrich Folkwang.jpg

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ Caspard David Friedrich
の絵はサイズが小さい。

そうとう有名な作品でも1mを超えるものは少ないし、まして2m、3mという大作は無い。

例えば、今、西洋美術館の特別展で展示されている

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
《夕日の前に立つ女性》(イメージ)
1818年頃 油彩・カンヴァス
フォルクヴァング美術館

なんか22cmX30cmである。

なぜだろう。
そして、どれも実物よりずっと大きな作品のような印象をうける。
posted by 山科玲児 at 10:36| Comment(0) | 日記

アンジェのダヴィッド

Gaspard Nuit 1920 ss.jpg


    ルイ・ベルトランの散文詩集「夜のガスパール」を詩人逝去後1842年に出版に尽力した友人で彫刻家 ダヴィッド・ダンジェ Pierre-Jean David d'Angers(1788-1856)
https://en.wikipedia.org/wiki/David_d%27Angers
 が、カスパール・ダヴィッド・フリードリッヒの関係者としてでてくる。この人David d'Angersと略称されるのでDavidが名前かと勘違いしがちだが、David d'Angersが姓というか渾名でPierre-Jean が名前である。師匠のダヴィッドと混同されるのを防ぐために「アンジェのダヴィッド」という渾名を使ったらしい。

1836年 彼は、フリードリッヒのアトリエをドレスデンに訪ねている。そして、フリードリッヒの横顔のメダルを鋳造している。
 彼の訪問記の文章がフリードリッヒ概論(ref1)に長々と引用されているのには、驚いた。
 夜のガスパールの詩を好んだ人は、カスパール・ダヴィッド・フリードリッヒの絵をも好んでいたのである。ある意味当方にとって「見ぬ世の友」という感じがする。
  イメージは、David d'Angersによる死の床のベルトランの肖像:1920年刊行のGaspard de la Nuit,Angers(ref2)に掲載。この本に収録されているベルトラン自筆挿絵は1920年のこの時点ではアンジェ図書館収蔵なので、これはダヴィッドがもっていたのだろう。

そういう意味で、このフランス革命の画家・ナポレオンの画家ルイ・ダヴィッドの弟子である David d'Angers の人物に少し興味がわいてきた。ただ、David d'Angers の作品自体は古典主義的な彫刻で、さほど個性がある芸術家にはみえない。
 ただ、平凡な肖像画ばかりが知られているルイ=レオポルド・ボワイー(1761 - 1845)にも、
トロンプルイユ テーブルトップ
   https://www.photo.rmn.fr/archive/11-532347-2C6NU0OM5O6Z.html
という珍作奇作があるのだから、David d'Angersの作品も思わぬ一面をもっているかもしれない。

 ref1 Tout l'oeuvre peint de Caspar David Friedrich、1976, flammarion, Paris  のHenri Zetnerによる序説
ref2  Gaspard de la Nuit, CH. BOSSE Libraire, Paris 1920
posted by 山科玲児 at 07:53| Comment(0) | 日記