2022年07月12日

文字を刺繍する


刺繍経典.jpg


東京国立博物館  東洋館  中国工芸のコーナーに、染織品として、
刺繍経があった。絵じゃなく文字を全部刺繍してお経をつくるというものだ。これは清朝時代のものようだ。


瓜茄一号 (REF1)で、お経を1巻まるまる刺繍で作ってしまうことを読んだ。おそらく、供養行為の一環なんだろうと思う。日本でも刺繍経はあってref2に紹介されていた。春日版の印刷経を台紙に使っているそうなので、鎌倉時代ぐらいの作品だろう。
現在でも般若心経を刺繍した掛け軸なんかが新作され売られているらしい。

REF1. 奥村伊久良氏の個人雑誌「瓜茄」1号(1935年 5月)
Ref2   日本の美術 No 59 刺繍 至文堂   1971年 4月号
posted by 山科玲児 at 07:58| Comment(0) | 日記