2022年08月31日

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン本 その14



ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン: 情動と優美のフランドル画家 単行本 – 2020/9/24
勁草書房
https://keisobiblio.com/2020/10/12/atogakitachiyomi_rogier/

巻末近くにある「年譜」を読んでいて、ちょっと気になったのは「年金」のことである。

>1435年19月21日に、トゥルネ市はブリュッセル在住のロヒールと妻と二人の子に年金を支払う

当時、画家は35歳前後。それで年金? しかも他の町に住んでいるのに。トゥルネ市に大きな貢献とかあったのか? どうもおかしい。これは「年金」ではなくて、公債市債の償還みたいなものではなかったか? イタリアの都市コムーネでは13世紀から公債を資金源にしていたから、公債は当時の都市ではさかんに行われていたはず。 あるいは、貯蓄型一括払い保険みたいなものでは。85年後にアルブレヒト・デューラーがカール5世に請求したのは、確かに毎年 帝国自由都市ニュールンベルクから支払われる年金だったが、このロヒールのものは、ちょっと違うように思う。

posted by 山科玲児 at 08:03| Comment(0) | 日記

2022年08月30日

原発砲撃するウクライナ軍

トラストDE.JPG

基本英国メディアのロイター まで、こういうニュースを流している
ザポロジエ原発の緊張緩和で国際社会はウクライナに圧力を=ロシア

米国民主党メディアのCNNまで
ザポリージャ原発は「ロシア軍が占拠している」ことを認めている。

それなら、砲撃しているのはウクライナ軍だ。

原発を砲撃するウクライナ軍は、明白に人類の敵である。
もともと、トラストDE(イメージ)のような大破壊を望む連中がウクライナの政治家にいたのだから(下記URL)、テロリスト的攻撃は平気なのだろう。
2014年03月27日  ロシアを焦土にし、ロシア人は皆殺し
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/91773086.html



posted by 山科玲児 at 09:35| Comment(2) | 日記

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン本 その13

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン: 情動と優美のフランドル画家 単行本 – 2020/9/24
勁草書房
https://keisobiblio.com/2020/10/12/atogakitachiyomi_rogier/

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデンが1500年のローマ巡礼のときに、フラ・アンジェリコに合った可能性、というのが書いてありました。
確かに同世代ですし、70年ほどあとにデューラーがフランドルに旅したときも、マサイスやパテニールなど現地の画家たちと交流しているのですから、ありうることだと思います。

ただ、フラ・アンジェリコの伝記をみると、このとき、ローマからフィレンチェに戻っている。引っ越しの期間だった。1449年1月にはヴァチカンの住居にいて、1450年初めにはフィレンチェのサンマルコで仕事している。その間フィエゾーレにもいっているらしいので、すれ違った可能性もなきにしもあらずですね。
 もう一つ、ロヒールはイタリアでは何語で話していたのでしょうか? ロヒールの母語はフランス語らしい、フラマン語も当然ある程度知っていたでしょう。でもイタリアではおそらく教会ラテン語を旅行会話的に喋っていたんじゃないかな?? 当時の知識階級の共通語ですし、宗教絵画を描くためにも最低限の知識はいるでしょう。フラ・アンジェリコは、教会ラテン語を日常使っていたはずですし。
ヤマザキ マリさんのリ・アルティジャーニ :ルネサンス画家職人伝 (とんぼの本)  2022/6/30のなかで、フラマン人のペトルス・クリストスがイタリアに来てカタコトみたいなしゃべり方をしていましたが、イタリア語なのか教会ラテン語なのかはわかりませんね。
  ちょうどこの世代、この時代はイタリアで大画家が少ないようで、アンジェリコとドメニコ・ヴェネチアーノ、ウッチェルロぐらいしかおもいつかない。マサッチオはとっくに逝去しているし。ただ、フィリッポ・リッピはずっと若いとはいえ、ロヒールに似た作品がありますので、接触はあったのかなあ。





posted by 山科玲児 at 08:01| Comment(0) | 日記

2022年08月29日

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン本 その12

rogier van der weyden fabri.JPGrogier van der weyden great artist.jpg

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン: 情動と優美のフランドル画家 単行本 – 2020/9/24
勁草書房
https://keisobiblio.com/2020/10/12/atogakitachiyomi_rogier/

は、日本語での唯一の本格的なモノグラフですが、
昔昔、シリーズのひとつとして薄い画集はでてました。二冊はあります。

ファブリ世界名画集〈65〉ヴァン・デル・ウェイデン (1973年)
 これの解説文章は、黒江光彦氏だったんですねえ。。

グレート・アーティスト 40巻: ファン・デル・ウェイデン、1990年
週刊グレート・アーティスト」同朋舎出版
 これの解説は、金沢の大学にいる、、保井 亜弓氏 ですね。
posted by 山科玲児 at 05:53| Comment(0) | 日記

2022年08月28日

帰るときの礼法

論語 郷党第十.JPG

銀座の古美術商:尚雅堂さんから退出するとき、日下千恵子さんの「礼」に感服しました。

日本人が退出するときの公式の礼儀作法に、家の者が、玄関先で客がみえなくなるまで見送る。そして、客のほうも何度か振り返って礼をする。という丁重なものがあります。それでした。当方もあわてて合わせました。

実は、これ、中国の古代からの「礼」でもあるんですね。その話は、宮崎市定氏が

論語の新しい読み方
https://www.iwanami.co.jp/book/b255653.html

に論語 郷党篇の 「賓退。必復命。曰。賓不顧矣」
の解釈として書いています。当方は岩波の広告紙「図書」の切り抜きで読みました。
 どうも、これに類する礼式は、台湾人やポルポト以前のカンボジア人には無いようです。

イメージは覆宋本元版論語の複製(國立故宮博物院 刊行)から該当箇所。
昔、ちょっと言及したこともありました。
posted by 山科玲児 at 16:00| Comment(0) | 日記

ヒエロニムス・ボス本だけど図像学だけ

2022年8月25日、神原 ヒエロニムス・ボスを立ち読みする。

神原 正明 (著), ヒエロニムス・ボス: 奇想と驚異の図像学  – 2019/11/22
https://www.keisoshobo.co.jp/book/b486669.html

やはり、
 画家の伝記記述、パトロンの問題、絵画技法の問題、作品の伝世、作品のテクニカル・データ、科学分析の詳細は少なく、あまり重視されていない。
 ひたすら、図像解釈問題に集中している本である。
 ヒエロニムス・ボスのイコノロジー・イコノグラフィー:図像学研究を学ぶためには有用な本である。ただし、バランスの良い美術史的知識や研究の現状を知ることには不適当な本である。

posted by 山科玲児 at 08:29| Comment(0) | 日記

2022年08月27日

ボス展のカタログを読む 40 イタリア旅行



  ボスがイタリア旅行したかどうかについては、前
2019年06月02日 尽く書を信ずれば則ち書無きに如かず
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186083187.html
の後半で書いたような破綻した記述があったので、「馬鹿馬鹿しい」「イタリアにいって学ばないと一人前でないというイタリア至上主義の反映だ」と軽蔑していた。
  しかし、1498年5月17日にス ヘルトーヘンボス市役所で作成された書類に、ボスがある期間不在であるか、遠くへ旅行する場合に作成される法律文書がある。
  そうなると1500年というたぶん重要な年にローマに巡礼するということではないか?と想像したくなった。50歳前後だったロヒール・ファン・デア・ワイデンも1450年という聖年にローマに巡礼しているし、ボスのご近所さんのお金持ち、はなんと聖地パレスティナに巡礼している。
 それを考えれば富裕であり地位もあった50歳前後のボスがローマ巡礼しても、それほどおかしくはないだろう。また、イタリアの影響が真作に無いという点はどうか。20代という若いころイタリア旅行したブリューゲルでさえ、シチリアのメッシーナまで旅行したわりには、イタリア絵画の影響は少ないという例があるのだから、成熟期を超えたボスの場合はもっと少ないだろう。
posted by 山科玲児 at 11:26| Comment(0) | 日記

ボストン美術館展 吉備大臣入唐絵巻


  今回の都美美術館のボストン美術館展
https://www.tobikan.jp/exhibition/2022_boston.html

 吉備大臣入唐絵巻が全部ひろげてあったのが、みどころかもしれない。
 これの良さは12世紀当時の日本人の中国に対するみかたを知ることができる、ということである。 浜松中納言物語の挿絵を考えるときは、この絵巻を参考にするといいかもしれない。浜松中納言物語はまさに、京都の貴族の女性が唐を想像して書いたフィクションの物語なのだから。
  もうひとつは、なんか眠っている人物がやたらに多いということである。
    第3に、絵巻内にある屏風に描いてある絵はいわゆる月次絵で唐風ではないことである。
    楼閣は、唐前期の李賢墓壁画を思わせるものがあり、馬の飾りにも唐三彩を連想させるものがあるから、なんらかの唐の粉本を参考にしてはいるんだろうけれど、ほとんどは関係ないようにみえる。

 この絵巻は当初軽視されていて、流出してから初めて慌てて文化財保護の法律ができたといういわくつきのものである。
 その原因は、今回末尾の鑑定文を読んでわかった。詞書きが「兼好法師の書」となっていたのだ。徒然草の兼好法師なら、鎌倉から南北朝の人である。その時代の絵巻なら多数残っているのだから、注目するに足りないと思われてもしょうがない。
 文献や文字記録だけで判断した結果の失敗であろう。。
posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(0) | 日記

ボストン美術館展の中国絵画



今回の都美美術館のボストン美術館展
https://www.tobikan.jp/exhibition/2022_boston.html
にはちょっとした拾いものがあった。
 伝)范寛 雪山楼閣図
https://collections.mfa.org/objects/28222

である。これは、はるか昔、横浜そごうでみたときは、それほど評価しなかったが、今回は覆いはかけてあるとはいえ、至近でみることができたので、ずいぶんと印象が違っている。

1997年10月に横浜で観たときのメモ::
>    照明・かけてある位置 ともに悪く、片膝たてないとちゃんと鑑賞できないありさまなのは 残念でした。細かいところはMuseum Scopeでさえみえない。そうとうすれてしまっているのだろう か?

  まず、第一にこれは非常に破損がひどい絵画であるということだ。大欠損を補絹しているらしい部分が最上部にあるし、随所にある。また、すり切れて墨がおちてしまって図様がよくわからないところも多い。
 下部の2人の人物が橋を渡っているが、顔は全くわからない。左上に滝があるがその水がどうやって右下に回るのかわからない。「楼閣」はたぶん正面にあるのだろうがボヤッとしていてわかりにくい。
これだけボヤっとしてるから雪山にみえるので実は冬の景色ではないのではないか?とさえ思うくらいである。損傷があまりにひどい部分を避けて観ると結構迫力のある佳作であり、昔横浜でみていたときより高く評価したい。ただ、右上部分はなんか元時代の李郭派のような気持ち悪い部分もあり、果たして北宋なのか疑いたくなるところもある。

  もうひとつ  馬和之の詩経図である。
これは、もともと何巻もあって、その模写本が更に量産され、世界中に散っているものだが、京都の藤井有リン館本は良いものだとされている、このボストン本もまあ良いほうだろう。
 横浜のときとは違って ケースが大きく、冒頭から末尾の文徴明、乾隆帝の跋まで全部広げてあった。
posted by 山科玲児 at 08:46| Comment(0) | 日記

2022年08月26日

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン本 その11

ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン: 情動と優美のフランドル画家 単行本 – 2020/9/24
勁草書房
https://keisobiblio.com/2020/10/12/atogakitachiyomi_rogier/

図書券もらったので気が大きくなり、ロヒール本を買いました。
総カタログは、ついていないが、年譜と参考文献はついている。著者のロヒールにたいする愛情がうかがわれる好ましい本です。また、著者の謙遜な性格がうかがわれる労作でもある。
薄い画集を除けば、日本語でのロヒール・ファン・デア。ワイデンのモノグラフはこの本しかないので貴重です。幸い、穏健であまり偏りのない見方の著者の本であることを幸運に思いました。唯一の日本語モノグラフが過激な新説主張本であったりしたら、とても危険だったから。
posted by 山科玲児 at 20:11| Comment(0) | 日記