2022年08月13日

ヒビだったんじゃないの??

bosch  early  delight branch after compare.jpg


  ヒエロニムス・ボス作品の図像学本を出してる神原先生ですが、なぜか何度も書いている(ref1  ref2)のが、

偕楽の園(プラド)の中央画面左下部分で、
「『葡萄とリンゴが同じ枝から実っている』画面があったが、最近の修復で消されていまった」
という主張である。
  でもね、、上のように修復前・修復後を比較してみると、、これは枝ではなく単なるヒビ・亀裂にみえるんだけどね。
 最新刊(ref3)は本屋で立ち読みしただけなので、どう書いているのか知らないけれど、、もうちょっと実物や写真みてほしいんだけどなあ。


ref1 神原 正明 、ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』を読む、 2000/12/1
 (神原 正明 『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学 (講談社学術文庫))

ref2 神原 正明 、「快楽の園」―ボスが描いた天国と地獄 (ビジュアル選書) 2012/8/28

ref3 神原 正明 (著), ヒエロニムス・ボス: 奇想と驚異の図像学  – 2019/11/22
posted by 山科玲児 at 08:22| Comment(0) | 日記

エルランゲン・プログラム

ヒエロニムス・ボス 研究で、一時大騒ぎを引き起こした
ウイルヘルム・フレンガー(Wilhelm Fraenger, 1890年6月5日 - 1964年2月19日)がエアランゲン生まれだということから、

エルランゲン・プログラムもしくはエアランゲン・プログラム(独: Erlanger Programm, 英: Erlangen program)
という言葉を思い出したが、意味は全く忘れている。。なんだったかなあ??? なんか怪しい洗脳教育や秘密結社の話だったかなあ?? と右往左往した。
こういうときは、wikipediaはありがたいものである。

数学とくに幾何学に関する研究方針 理念 のことだったようである。
エルランゲン・プログラム
  ただ、幾何学がこうなって、なんか面白みがなくなったかもしれないなあ。

エルランゲン(エアランゲン) という町は大学が有名で学問や思想 関係でたまにでてくる名詞になっている。
posted by 山科玲児 at 07:10| Comment(0) | 日記