2022年09月18日

ホイッテッカー年鑑

シャーロック・ホームズの「恐怖の谷」で、
ホイッテッカー年鑑 Whitaker's Almanackというのがでてくるが、
これはおそらく「現代用語の基礎知識」みたいな本らしい。英国で1868年創刊で、
毎年刊行されるもの。2021年版もでているという。
    

 
posted by 山科玲児 at 15:29| Comment(0) | 日記

五星二十八宿真形図

五星二十八宿真形図  アップしました。日本の江戸時代後期の模本だけど完本で全揃いということがとりえなんで、栃木県博物館も少し注目してもいいのにね。小室翠雲  旧蔵です。
たぶん相当古い時代の模写を繰り返した粉本が日本に伝来していたんだな。
https://reijibook.exblog.jp/30121696/

これは、先の宮中図の模写本と、時代は似ているでしょうが、源泉・由来ももっとずっと古そうなので、長崎貿易由来ではないかもしれない。
タグ:中国絵画
posted by 山科玲児 at 11:54| Comment(0) | 日記

宮中図の「江戸時代の写し」

宮中図 粉本MET.jpg

メトロポリタン美術館に
ベレンソン本 宮中図巻
https://reijibook.exblog.jp/30089652/
2022年08月11日 ベレンソン本 宮中図巻
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/189743639.html
で書いた宮中図巻の

「江戸時代の写し」
というのがある。
 Spring Morning in the Tang Court 19th century In the Style of Zhou Wenju Chinese
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/49101

ただ、これ、最初、20世紀の粉本じゃないかと思ったが。METが購入したのが1942年であり、矢代幸雄の論文図版をもとにした作為的なものだとすることはできない。また、細部にはかなり違っているところがある。
例:ベレンソン本の冒頭の人物が一人いない。
例:フォッグ・ハーバード本の 愛玩犬をあそばせるところが頭数が違い、逆に子供の数が多くなっている。
例 場面の順序が入れ替わっている。

などなど。。

そうなると、これは、やはり江戸時代の粉本だというメトロポリタン美術館の見解は正しそうだ。だいたい、おそらくC.T.Looの周囲で切断されたこの4巻は、中国伝世だろう。少なくとも明末清初の記録:平生壮観に記録があるのだから。
しかし、現在4巻になっている宮中図から直接写したものではないとすると、宮中図の不正確な写しが1本、長崎貿易などで日本に入ってきていた。そしてそれは色つきのものだった。色は写したあとで作為的に付けられた。そういうことはボストンの歴代帝王図でも作為的に色つけが行われたので、中国ではざらにあったことだろう。
輸入された本を更に写したこの粉本だけが残った。輸入本は亡失した、というストーリーを考えるのが妥当そうである。
ベレンソン本 宮中図巻
https://reijibook.exblog.jp/30089652/
クリーブランド美術館、
https://www.clevelandart.org/art/1976.1
、ハーヴァード(フォッグ美術館)
https://harvardartmuseums.org/collections/object/203790
メトロポリタン(david旧蔵分)
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/40004?pos=5

ref1  美術研究所、美術研究, No.25, 1934 矢代 幸雄「宋模 周文矩宮中圖」
ref2  美術研究所、美術研究, 第169号(1953年3月)  矢代 幸雄「再説宋模周文矩宮中圖」
ref3 美術研究所、美術研究,  第56号(昭和11年、1936年8月) 矢代 幸雄「宋模周文矩宮中圖の新斷片」
posted by 山科玲児 at 07:14| Comment(0) | 日記

めんべい味のカップ麺

めんべい味 カップ麺.JPG

ローソンで、めんべい味のカップ麺を売ってました。
パッケージが博多 福太郎の「めんべい」そっくりだったのに、サンヨー食品の製造だし、 福太郎の名前が出てなかったので、商標権・デザイン著作権どうなってんだよ、、
と思ったんですが、、
福太郎のサイトに告知がでてました。ちゃんと話は通っていたようです。

味は、確かに「めんべい」らしい味はします。



posted by 山科玲児 at 02:26| Comment(0) | 日記