2022年09月23日

北京のソバ


中国人の食文化は、毛沢東によって、かなり破壊されてしまったらしい。


中国人が「そばを食べない」理由、蕎麦の原産国なのになぜ?
莫 邦富
https://diamond.jp/articles/-/310189

という文章がある。
>麺類として成り立っている日本の手打ちそばは、中国人の食文化にはなかったようだ。
を読んで仰天してしまった。

少なくとも、中華民国時代の北京の庶民の食事の一部には、切麺のソバがあったのだ。羊のスープで辣油をかけて食べるというものだったそうだ。これについては、下記の1997年に当方が書いた小文参照。なお、1936年6月16日刊行の「宇宙風」19集には、「そば粉で作った餅」が北京名物としてあげてあった。

つまり、毛沢東がやった大躍進・文化大革命という動乱愚行のために、食文化さえ滅ぼされたのかもしれないと震撼した次第である。あるいは、莫 邦富氏が無知で、読者を馬鹿にした駄文を書き飛ばしているんだろうか??

******************* 記  ******************
1997年にあるサイトで投稿した文章::
北京のソバ
燕京郷土記(ケ[登邑]雲卿,1985)は、おもしろい本ですが、日本語版 は、やむをえないとはいえ省略が多く、しかも省略箇所を「以下略」と いう形でも明示してないので、困ってしまいます。原本が幸い、てもと にあるので、日本語版では省略された、食べ物の話の章をみてみます。
  「北京の麺」という章では、炒醤麺、麻醤麺(胡麻だれ冷やし中華)、あんかけ麺、 と話がすすみます。炒醤麺では、「たん面醤や豆バン醤は、六必居醤園のような 老舗で買う」となっているのが、いかにも都会です。1990に私は六必居醤園 を訪ね、漬物を買いました。 あんかけ麺は、お客がきたとき大量につくるもののようです。 そのあと、なんとソバがでてきました。中華ソバではなく、 日本でザルソバ、年越しソバにしている、あの蕎です。 手打ちの断面が四角なソバを、羊肉スープで食べるところがいかにも北京です。 穴から押し出してつくるソバもあります。 そして、ソバがきがあります。これは、冷やして切って、トコロテンみたいにタレ で食べるもののようです。さらにソバがきを赤く着色して、ラードで炒めて食べる 「腸詰もどき」とでもいうべきもの(灌腸)という妙なものまで北京小菜として 紹介されていました。最後は、ソバ皮の餃子で〆です。
 あまり高級な料理とみなされていないのか、私はまったく触れたことはありません。 食べてみたいと思っています。
   
posted by 山科玲児 at 10:11| Comment(0) | 日記

エクフラシス

Sandro_Botticelli Calumny  Apelles.jpg


2022年09月22日
古典絵画の解説文
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/189825391.html
で書いたように、
  カラー写真図版をみればわかることを、文章でクドクド説明してしまうというのは、一種の悪弊らしい。 
 しかし、その一方、絵画を言葉で描写し説明するという文学分野が古代からある。
  エクフラシス
とかいうものらしい。 

 これを使って、原作そのものが消滅してしまっている古代絵画を再現するという 試みが
ルネッサンス時代には何度も行われている、代表的なものに、
 ボッテチェルリの「誹謗」ApellesのCalumny(イメージ) これは、ヘレニズム時代の有名画家アペレースの作品を
 ルキアノスが エクフラシスで表現した文章からボッテチェリ流に再現したものだ。
当方がウフィッティにいったときはなぜか展示されてなかった。


また、ティティアーノが、古代ギリシアの著述家フィロストラトスが『エイコネス』の中で述べているエクフラシスをもとに再現したものが
 ヴィーナスへの奉献
で、これは、ルーベンスも制作している。

まあ、エクフラシスがなければ完全に消滅していたのだから、まあ無いよりまし、であるが、画風は、やはりそうとう違ったものにならざるをえない。

エクフラシスによって想像する古代絵画史というのは、どうしても、絵のない絵画史になってしまう。
これは、戦前やっていた唐以前の中国古代絵画史が「絵のない絵画史」「文献だけの絵画史」だったのと似ている。その後、だんだん考古学による発掘品によって補完はされているが、有名画家の作品はまず考古学では発見されていないので、概略を推察する助けにはなっているという程度だ。ただ、それでも現在の中国古代絵画史は、戦前の歴史文献と偽物だけの中国古代絵画史よりは、はるかに良くなっている。

 それはともかく、エクフラシスは、修辞学(レトリック)の一部として生き続けた。
欧米の古い美術文献に、絵画のカラー写真をみればわかることをクドクドと述べるという習慣があるとしたら、、単に良い写真図版が本に収録印刷できなかったという事情だけでなく、エクフラシスの影響があるかもしれない。エクフラシスの19世紀での輝かしい成果と思われるのが、ジョリ・カルル・ユイスマンスの散文である。

posted by 山科玲児 at 09:20| Comment(0) | 日記