2022年11月13日

長崎空港で佐世保バーガー

LOGKIT 空港.JPG



長崎空港 1Fに、佐世保バーガーの有名店
LOGKITが出店してます。

長崎には佐世保バーガーの店は少ないので、長崎で佐世保バーガー食べたいという人は困りますね。
この空港店は、その助けになるかとも、感じました。

私が行ったときは未だ開店してなかったな(写真は当方撮影、未だ開いてない)。
11:00〜19:00 だそうです。

空港のちゃんぽんや 牡丹も昔から良い店だと評価されてるようです。私も1度食べたことあるけど普通だったな。 
ただ、今は[牡丹]はレストラン・エアポート(2F)と合体してるみたいですね、


posted by 山科玲児 at 16:21| Comment(0) | 日記

ラードが少ない?

餃子 味の素.JPG

東京オリンピックで、名をあげた
「味の素 の  冷凍餃子」
だが、最近、ちょっと焦げ付きやすくなっているようで、残念。
これは餃子の下部とパッケージの間に、前はかなりあったラードが少なくなっていることが原因だと思う。

posted by 山科玲児 at 14:08| Comment(0) | 日記

モーツァルトとヘンデル



2015年08月08日
礒山 先生もマスコミにやられた
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/160634712.html
であげた、
故  磯山先生の翻訳書で、

モーツァルト 最後の四年: 栄光への門出 単行本 – 2015/12/21
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393932001.html

というのがあります。

大変、面白い本ですね。
「18世紀後半、もっとも高額の収入があった音楽家の一人だったモーツアルトが、なぜ金銭トラブルにおちこんだのか?」
という問題も触れてますしね。

ここで、モーツアルトがヘンデルを人生設計のモデルにしていたような記述がありました。ヘンデル伝を友人に送っていたようです。ロンドンでオペラの勝負師であり、経営した団体の2度の破産と再起を繰り返し、最後にはオラトリオで栄光と富をつかみ、富豪として大聖堂に埋葬されたヘンデルを模範・ 憧れとしていた、というのは、なんかよくわかるような気がします。

そして、モーツアルトのレクイエム、冒頭声楽部にヘンデルの「キャロライン王妃葬送音楽」が引用されていると書いてありました。
この曲だと思いますが、それほど似てるかなあ?? 譜面例だと確かに似てるんですけどね。。
Handel Funeral Anthem for Queen Caroline HWV 264 The ways of Zion do mourn William Christie Les Arts
https://youtu.be/ctI4RqytF_Y

当方は、レクイエム冒頭の器楽部分と、モーツアルトの100年前シャルパンティエの「王妃マリー・テレーズの葬送音楽」の冒頭1分のプレリュードが似てる」と思ってました。
2020年10月25日
モーツアルト  レクイエムの種本?
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/188060886.html

Charpentier : In obitum augustissimae nec non piissimae gallorum reginae lamentum H409 : I Prélude - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=XG_VnqT5OMk
posted by 山科玲児 at 09:24| Comment(0) | 日記